体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

困難に直面したら「よ~し、面白くなってきやがったぜ!」と思えばいい【対談:八谷和彦×稲見昌彦】

f:id:tyo-press:20160914105402j:plain

『風の谷のナウシカ』に登場する架空の飛行用装置「メーヴェ」の実現にむけて着手から13 年。「OpenSky Project」のテスト飛行を見事成功させ、注目を集めた八谷和彦氏。そして、いま最も注目されている技術「VR」を研究する稲見昌彦氏。

誰も挑戦したことのない「夢」を「現実」にするために、おふたりはどのような道を歩んできたのでしょうか?

そしてテクノロジーの突破口を作るために欠かせない、意外な視点とは?

茨城県つくば市にて開催された「ニコニコ学会βサマーキャンプ」を会場に、同学会実行委員長・江渡浩一郎氏を司会に迎え、「空想」を「現実」へ変えた舞台の裏側と、そのモチベーションについて想いを語っていただきました。

「空想」を「現実」に変えた2人は何者なのか?

江渡浩一郎氏(以下、江渡):それでは、自己紹介からお願いできますか?

八谷和彦氏(以下、八谷):私はビジネスマンの経験を経て現代美術作家になったのですが、別に作家になったからと言って以前のスキルを捨てる必要はないと思い、作品制作にも商品開発の手法を取り入れていました。その結果誕生したのが、メールソフト「ポストペット」です。企画を立て、人選をしてチームを組み、当時まだベンチャーだったSo-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)にプロトタイプを持ちこみ、プレゼンを経てリリースに至りました。その後、ペットワークスという会社を立ち上げて初代社長を務め、現在は取締役をしています。

ペットワークスはソフト開発のみを行うのではなく「自分たちが好きで、かつみんなが欲しいものを作る」をポリシーとしており、現在はオリジナルのお人形を製作・販売するドール事業をメインに、飛行機の開発もおこなっています。僕は東京芸術大学の教員もやっているので、たまに「芸大が飛行機を開発?」と思われることもありますが、基本的にはOpenSkyは会社のプロジェクトです。もっとも、会社で関わっている社員は僕ひとりですが。

「大きいメーカーでは作らないような、自分が一機だけ欲しいと思う飛行機を作ろう」と思い作り始めたのが2003年。それから13年かけて、ようやく今年ジェットエンジンで高い高度を飛ばすことができました。

f:id:tyo-press:20160914105632j:plain

稲見昌彦氏(以下、稲見):私は、趣味が高じてそのまま研究者になってしまったようなもので(笑)現在は東京大学の先端科学技術研究センターにて教授を務めており、身体情報学という講座を担当しています。

学生の頃に所属していた研究室で助手に「必修だから」と勧められた漫画と映画の『攻殻機動隊』をきっかけに、同作に登場する光学迷彩技術の研究を始めました。

また、最近は「超人スポーツ協会」の共同代表として活動をしています。小さい頃から「空を飛んでみたい」と考えていたのですが、全く運動神経がなく、高いところから飛び降りて遊んでは骨折をする始末。そのため自分はスポーツとは縁がないと思っていました。

しかし大人になるにつれて、八谷さんも空を飛ぶ研究をされているように、テクノロジーを駆使すれば「空を飛びたい」という願いが叶えられるんだと分かったんです。そこで「超人スポーツ協会」を立ち上げ、「テクノロジーと身体を組み合わせた未来のスポーツを作ろう」という試みを様々なジャンルの方と一緒にすすめています。

f:id:tyo-press:20160914105854j:plain

今年は、江渡さんとニコニコ学会β運動会部部長の犬飼博士さんの協力もあり、国体開催地の岩手県で「国体のスポーツをプレーするだけでなく、新しいスポーツを作ろうという」という「岩手発、超人スポーツプロジェクト」を地域の方と協力しつつ進めています。ぜひ、楽しみにしていてください。

メーヴェは実は35年ぶりの民間国産ジェット機

江渡:八谷さんは今年7月に「OpenSky Project」のテスト飛行を成功させましたが、そこでみんなが聞きたいのは、一番高いハードルはどこでしたか?ということだと思います。また、ブレイクスルーした瞬間についても教えていただけますか?

八谷:こういう話になると、機体を作ることの困難さだと思う人も多いかもしれませんが、正直、航空局からの許可を得ることが一番大変でした(笑)

この機体は航空法上は「自作航空機」にあたるので、国土交通省の中にある航空局に申請して、機体の許可、パイロットの許可、そして飛行場所の許可の3つの許可を取らなくてはいけません。乗員の許可は先にグライダー版を作って70本近く飛ばしていたことや、超軽量動力機の訓練を2年ほど行い、自分で飛んでいることを示し、航空局の人と面談して許可がとれました。

飛行場所については通常は新千歳空港などの中にある航空局に申請を出すのですが、そこもそれほど問題なく許可が取れました。

一番大変だったのが機体の許可でしたね。例えば訓練で乗っていた超軽量動力機は、多くの場合は海外製で、すでに飛んでいる実績があるので比較的楽に許可が取れるのですが、今回のように「設計も製造も新規、試験飛行もこれから」という機体の場合は、普通の飛行機と同じような扱いになるため「耐空性審査要領」という分厚い本を買って、該当する航空機に必要な仕様にどれだけ対応しているかを調べ、書類作成して提出しなくてはいけなかったりします。

そんなこんなで、書類作成に2ヶ月、そのあと審査含めて許可まで結局半年以上かかりました。ただ、これも一度審査に通れば終わりではなく、担当官が年に一回変わるのですが、その際に以前は指摘されず、これまでも全く問題なかった箇所についても試験開始3日前に突然調査依頼が来るとか、こちらからすると、かなり理不尽に思えるようなこともありました。しょうがないので全力で期日内に対応してましたが。

1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。