体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】夏目漱石が愛した『洋風かきあげ』とはなんぞや? @『松栄亭』

matuei-youhuu019_r

暑い夏も終わりを告げ、季節は秋へと移りつつある秋葉原ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

みたいな感じのガジェット通信&筆者(YELLOW)ですが、秋と言えば食欲の秋って事で“ガジェ通秋葉原制覇”もいよいよ本気で御座います。

創業1907年『松栄亭』

matuei-youhuu004_r

割と簡単に“老舗”という言葉を使いますが、実は100年以上続いて初めて老舗を名乗れるって説もあります。

matuei-youhuu001_r

100年と言えば一世紀、そんなに長く続く店は早々ありません。

matuei-youhuu005_r

しかし!

この『松栄亭』は創業1907年、すなわち明治40年から続いているらしいです。

matuei-youhuu002_r

そんな『松栄亭』の名物料理である『洋風かきあげ』を食べて来ました。

『洋風かきあげ』を食す!

matuei-youhuu017_r

整いました。

っていうか、何がどうしてこうなったのか説明する必要がある予感ですので、3行で説明します。

matuei-youhuu018_r

若かりし頃の“夏目漱石”「腹減ったから何か珍しいの作ってちょんまげ!」(テヘペロ)と我が儘を言ったので、『松栄亭』の初代が手元にある材料で作った創作料理が『洋風かきあげ』で御座います。

matuei-youhuu022_r

実際にはもっと長いエピソードですが、全力で3行にまとめさせて頂きましたので、御了承下さい。

matuei-youhuu020_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。