ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車大国デンマーク発!デザイン良し、乗り心地良し、機能良しの三拍子揃った折りたたみ電動自転車

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MATE自転車先進国デンマークのコペンハーゲンから、デザイン良し、乗り心地良し、機能良しの三拍子揃った、折りたたみ式電動自転車「MATE」がクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中だ。

早期予約購入なら、希望小売価格の70%オフで入手できる可能性がある。

・安全でスムーズな走行

「MATE」の自転車には、フロント・リアサスペンション、カーボン製のディスクブレーキが搭載されており、安全でスムーズな走行が可能だ。

“全地形タイヤ”が採用されているので、平らな路面、石畳のようなデコボコした路面の両方に対応している。乗り心地抜群のサドルもウレシイ。

MATE2たったの3ステップで、折りたたみが完了するお手軽さが魅力で、車に乗せたり、運んだりもしやすく、家で保管するのに邪魔になりにくい。

電動モーターに対応はしているものの、もちろんモーターのサポートなしで、普通の自転車として使うこともできる。シマノの7段階スピード調節ギアで速度を調整しよう。

・最大時速32km、走行距離88kmを実現

とはいっても、やはりこの自転車の魅力は電動モーターのアシストを受けられる点だろう。

250w、あるいは350wのハブモーターが選べるようになっていて、それぞれ時速24、32キロメートルの最大スピードが出せ、最大で88キロメートルの距離を走行可能だ。

MATE36段階のスピードコンピューターが内蔵されており、耐水性・耐塵性の液晶ディスプレイで現在の電池残量、総走行距離、時間をいつでも確認できる。

パワフルなリチウムイオンバッテリーは通常3~5時間でフルチャージになるが、特典の高速チャージャーを使えば、およそ2時間で充電が完了するという。

・USBポート付きでスマホの充電も

USBポートが搭載されているので、自転車に乗りながら、スマートフォンなど電子デバイスの充電をおこなうこともできる。

至れり尽くせりの「MATE」は、1番リーズナブルな「MATE City 250W」タイプが599ドル(約6万1200円)+配送料金~。

MATE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。