ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の爪楊枝は両方使える? 使ったあとは食べることもできる!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


韓国の飲食店には日本同様に爪楊枝が置かれている。使い方は日本と同じで、歯に挟まった物を細い部分で取るのだが、実は韓国の爪楊枝は形が少し違うのだ。実は韓国の爪楊枝は両方とも使うことができるように尖っている。
いわゆる2回分使えるのだ。

しかも爪楊枝が両方尖っているだけでなく、かじって食べることもできるのだ。デンプンでできており、歯をいじった後は噛んで食べるのだという。日本人からしたら少し汚く感じるが、韓国では常識なのだという。

もちろんデンプンなので水に浸けると溶けてしまう。つまりゴミになりにくい爪楊枝というわけ。韓国の飲食店はこの爪楊枝が義務づけられており、この爪楊枝を使わないと出店できない。ではなぜここまでこのデンプン爪楊枝に拘るのか。それは韓国では残飯が残った際に家畜のエサにするのだが、その中に通常の爪楊枝が混ざっていると危険なため、デンプンでできた爪楊枝を作ったということだ。

今では食べることもできる爪楊枝となっているが、元々は家畜の安全面を考えてのことだった。皆さんも韓国の飲食店に行った際に食べてみてはどうだろうか。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP