ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホに警報を送ってくれるホームセキュリティ「Canary」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


スマートなデザインが特徴的なホームセキュリティが人気を集めている。

イギリス発の「Canary」は、クラウドファンディング「Indiegogo」で資金調達中を達成したホームセキュリティデバイスだ。

・高い性能で、家の中の様子を記録

「Canary」は、iOS、Androidアプリからコントロール可能のセキュリティデバイス。HDビデオカメラ内蔵しており、職場や外出先でも「Canary」搭載のカメラから自宅の様子をチェックする事が可能だ。驚くべきは、その性能の高さ。広角レンズと暗視機能付きの720p HDビデオカメラを備えており高画質の動画で家の中の様子を記録してくれる。自宅で何が起こっているのか、常に把握することができる。

・温度、空気、振動からも危険を察知、すぐに警報を送信

また、「Canary」には、マイク、明度センサー、温湿度計、空気中の粒子センサーなども搭載しており、家の中の温度や空気、振動、音などの変化を察知。

火事といった災害等の心配も軽減できるだろう。そしてもし万が一の時には、すぐにアプリが警報や通知を発信してくれる。

家のセキュリティに興味はあるけど、本格的なのはちょっと…、という人こそトライしてみる価値があるかもしれない。

Canary

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP