体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きらきらネームは遠い将来が想像できないDQN親とハリウッドセレブの特権なのか?

booksandthecity

今回は大原ケイさんのブログ『Books and the City』からご寄稿いただきました。

きらきらネームは遠い将来が想像できないDQN親とハリウッドセレブの特権なのか?―Lack of imagination leads to imaginative baby names?

『Twitter』のタイムラインを眺めていると、ときどき“きらきらネーム”“DQNネーム”のことが話題に上がる。変わってて普通には読めない名前と遭遇した人が「こんな名前の人がいたよ」とつぶやいたりすると、たいていは「ゼッタイ読めねー」「かわいそう」「親がバカ」「将来こまるんじゃね?」「就職に不利らしい」みたいなリアクションが出て終わるのだが、今回、ピンときたつぶやきに「そういうのって、親がこんな大人になって欲しい、じゃなくて、こんな子どもになってほしいと思って付けるらしい」というのがあった。これにはフムフム、と納得。さらに考えついたのは、きらきらネームをつけてしまうのは、子どもの将来を具体的に想像できない親の経済環境のせいではないだろうかということだ。

この自説を説明させてもらうのに、ちょっと70~80年ぐらい時間をさかのぼって考えてみる。日本という国がまだ貧乏で、政府主導の元に“富国強兵”が推進され、産めよ増やせよで、日本のお父ちゃんもお母ちゃんも“貧乏子だくさん”がデフォだった時代。男なら、上から太郎、二郎、三郎、四郎とか、女なら長女が一二三で次女が二三四、みたいな「どうせ来年も次のが産まれるんだから、とりあえず順番が分かるようにつけとけ」ぐらいの感覚だったんだろうね。

ちょうど今、同じように経済が上向きで国が一体となって経済力を付けようという状況にあるインドで「また、女が産まれちゃった」ってなシチュエーションで付けられる“Nakusha(要らない子)”という名前のインド人女性が改名を求めてクラスアクション裁判を起こしているというニュース*1 があったばかり。ということは何も日本限定の現象ではないのだろう。

*1:「インドで「いらない子」と名付けられた女の子達が一斉に改名する」2011年10月25日『らばQ』
http://labaq.com/archives/51708532.html

その後、経済状態が向上して、出生率が下がると、自分の子供に名前を付ける、というオケージョンが一生に数回しかない行事になるので、名付けが大切な儀式になってくるのは当たり前。豊かな国では太郎も一二三もナシね。気合いが違う。

高度成長期のニッポンでは、学校出たら集団就職、出会いはお見合い結婚、会社は年功序列、夢はマイホームなど、男女の人生にあるていど限られた“普通の幸せ”の一定パターンがあったと思う。要するに、赤ちゃんが生まれた時点で、親の生活が安定している、あるいはこれからも安定しているだろうという展望がある。だからこそ、そこから数十年も先の将来像が、かなり具体的に想像できるわけだ。例えば、男の子が産まれたら、よし、お父さん定年まで同じ会社でがんばって働いて、お母さんは教育ママになって、息子を大学まで入れてやって、うまくいけば大企業に就職し、またニッポンを支えていく働き蜂の一員になって、ちょっと年下の可愛くて家事が上手な嫁さんをもらい、少ししたら孫の顔を見せてくれるだろう、という楽観的な、そしてワンパターンな希望。

そんな時代の名前のイメージとしては、豊とか、敏志とか、健司とか、隆明とか、博幸とか、政則とか。男の子の場合、父親や祖父の名前の一字をとる、というパターンも多いかも。これは曲がりなりにも祖父から父へ、父から息子へと“イエ”が継がれて、鎖のように連綿と続く長いスパンで家族というものを考えられるからこそだろう。

一方、これが女の子だったら、短大ぐらいは出してやって、事務職OLとして大企業で数年働いた後、そこで知り合ったサラリーマンの家に嫁ぎ、専業主婦となって、盆と正月には孫を連れて実家に帰ってきて……と同じようなパターンの安定した将来がそこにはある。イメージとしては、幸子とか、慶子とか、由美子とか、宏美とか、美幸とか、真由美とか、聡美とか、要するに私と同世代に多い名前。

日本の経済が上向きで、お父さんは定年退職するまでずっと同じ会社で働くことができそうだし、だからこそマイホームを持つことができたし、お母さんは専業主婦で後は二人で悠々年金生活があるのだと信じられた時代の話だ。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。