体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【通販番組】生放送中の電話で客がブチギレ! 取材に通販会社「本当にイタリア製です」

エンタメ ガジェ通

通販番組の生放送中、注文電話をしてきたお客さん(以下、H様)が生電話でスタジオ出演し、「素晴らしいものを買えてよかったわ♪」というコメントを望んでいたものの、逆にクレームをつけられブチギレされるという珍事が発生。このことは広くインターネットで知れ渡り、すでにご存知の方も多いことだろう。

このH様は「イタリア製イタリア製って随分しゃべってるけど、イタリア製だという保証書はないの?」と司会者を問い詰め、司会者が「イタリア製という保証書はない」と発言。そのことでさらにヒートアップしたのか、お客さんは「そんなデタラメなことやってんですか!? 保証書つけないでそんなことやっているわけ? 随分ちゃっちぃ感じに見えますね。いりません私! 5点頼んだんですけど、保証書ついてないんだったらいりません!」とブチギレ。

この商品は18Kイタリア製ファンシーチェーンネックレスで、1個15,998円のもの。90日間有効の保証書がついているものの、イタリア製であることを証明する保証書はついていない。この一連の騒動については『通販番組の生放送中にお客さんブチギレ』という記事でもお伝えした通り。

このことついて、インターネットでは「H様は正論」「H様レギュラーにしたら視聴率が上がる」「H様が正しい。こういうことを言わせたくないなら仕込みを使うべき」などの意見が飛び交い、H様はクレーマーではなく、正論を言っているとする意見が多くみられた。このことについて、ブランド雑誌の編集者Aさんと、番組の製作と商品の販売をしたQVC社に取材をしてお話をうかがった

編集者Aさんによると「ブランドを証明する文書やフダはあるかと思いますが、それがどこの国のものか証明する文書は一般的に考えてないと思っていいです。ですので、このネックレスがイタリアのブランドであることを証明できるものがあれば、イタリア製である可能性は高いといえます。しかし、確実にそうとは言い切れません。アナスイでさえ中国で生産していますので。商品にメイドインイタリアの刻印があることもありますけどね」とのこと。

今回の番組製作と商品販売を行っているQVC社の広報によると「ネットで話題になっていることは知っています。しかし、あのネックレスはドンナドーロというイタリアのブランドで、本当にイタリア製の製品ですので、ご安心いただければと思います」とのこと。イタリアのブランドがイタリアで作ったものであることは確実のようだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会