ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後藤邑子さんが仕事や病気との闘いを語るセミナー『私の“声優魂”』開催! 8月20日(土)@名古屋

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


声優の後藤邑子さんが、NHK文化センター名古屋教室にてセミナー『私の“声優魂”』に登壇し、声優のお仕事や病気との闘いについてお話することになりました。

後藤邑子さんってどんな人?

『ふしぎ星の☆ふたご姫』(2005)のプリンセス・レイン、『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006)の朝比奈みくる、『ひだまりスケッチ』(2007)のヒロ、『魔法少女まどか☆マギカ』(2011)の鹿目詢子役などで知られる声優さん。

甘い声質とは裏腹に「半日飲み続けられる酒豪」「趣味はバイク」「入院中に騒がしい高校生をシメる」などの強めな逸話がある他、英語堪能・イラストや漫画も達者な才女でもある。

ファンからは”ゴトゥーザ様” “後藤さん(強)”などの愛称で親しまれる。


(後藤さんがムック本『涼宮ハルヒの公式』に寄せたイラスト)

後藤さんの持病

自己免疫疾患の持病を持っており、中学時代に突発性血小板減少性紫斑病という国指定難病に罹患する。
以降安静を心掛けていたものの、プロの声優としての業務に集中する中、2011年頃から全身性エリテマトーデスという別の自己免疫疾患を発症し、2012年に入院のため無期限の休養期間に入った。
闘病の末2014年に退院し、現在は声優として復帰している。

これらの経緯については自身のブログ「TSUBUYAKI」(http://ameblo.jp/goto-yuko/)にて都度書かれているが、先日8月7日には新たに漫画と文章で書くことに挑戦している。

通院マンガ☆ (2016年8月7日更新)
http://ameblo.jp/goto-yuko/entry-12188168217.html

セミナー『私の“声優魂”』内容

今回のセミナーは名古屋出身で活躍を続ける後藤さんにNHK文化センター名古屋教室からオファーされたもので、声優としての仕事への取り組み方、病気との闘い方についてお話しいただくそうです。
後藤さんや作品のファンだけでなく、声優というお仕事に興味のある方、病気について前を向いて考えたい方にもお勧めできるセミナーになるようです。

セミナー詳細と申し込み受け付けは以下のページからになります。

【8月単発】【おかえりなさい】後藤邑子「私の“声優魂”」8/20
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1107593.html

また、以下は後藤さんから本講座への意気込みと参加する方へのメッセージです。

NHK名古屋講座(*´▽`*) (2016年6月3日更新)
http://ameblo.jp/goto-yuko/entry-12166970407.html

改めて自分にとって声優魂って何だろうと考えた時、
意外に明確に自分なりの答えを持っていると気づきました。
これが出来れば声優、と言えるものは無いけど、
これが出来なければ声優ではない、と言えるものはある。

不自由な中でなるべく自由に生きる事。
闘病しながら、妥協するとこは妥協して、
甘えるとこは甘えて、捨てるとこは捨てて、
なるべく好きな事は諦めないためにゆっくり足掻く事。
全部叶えるのは現実的じゃない。
本当は何も捨てたくはないけど、諦めないと進めない。
「なるべく」って大事です。
私は欲張りなうえにせっかちだから難しいんだけど。
こんな風に進んで行きたいと思っていますって。
そんな日常のお話も出来たらいいなぁ♪
ゆるりと気楽に、皆さんと一緒に過ごしたいです。
良かったら遊びに来てくださいね(≧▽≦)

直前だけど、席はまだあるの??

本講座は人気のため一度満席になってしまったものの、会場を規模の大きなものに替えて現在も申込受付中とのことです。

また「その新しい会場での席はまだ余裕ありますか?」とセミナー担当者に確認したところ「もし埋まってももっと大きな会場を探すのでご心配要りません」とのことでした。
担当者も本気だ。

ご関心の方、お近くの方はぜひ奮ってご参加ください!

□セミナー概要
日時:2016年8月20日(土) 16:00~17:30 (15:30開場)
場所:名古屋市東区東桜1-13-3 NHK放送センタービル6階大会議室
参加費(一般):3,780円
イベント詳細・申込URL:https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1107593.html

※画像は公式ページより。
※写真は記者の撮影による。権利は権利者に帰属します。
(c)2006谷川 流・いとうのいぢ/SOS団

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: いしじまえいわ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP