体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダライ・ラマ14世「ゾウのような鼻をもって現実を知り、報道することが大切」

ダライ・ラマ14世

 来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が2011年11月7日、東京で開かれた自由報道協会主催の記者会見に出席。会見の模様はニコニコ生放送で中継された。ダライ・ラマ14世は、メディアに向けて、「誠実で、バイアスのかからない目で報道していただくことが大切だ」と語った。

 ダライ・ラマ14世は1935年にチベットで生まれた。1959年のチベット動乱の際、インドに亡命。1960年にはインドのダラムサラに移住した。1989年にはノーベル平和賞を受賞している。今回の来日では、和歌山県にある真言宗の総本山・高野山のほか、仙台、福島など東日本大震災の被災地を訪問している。会見で、ダライ・ラマ14世は慈悲や愛情といった”人間としての価値”を強調。また、民主主義社会におけるメディアの役割について「現実を伝える大きな仕事を持っている」と語った上で、

「ゾウのような鼻を持って、現実に対して前からも後ろからもニオイを嗅いでください。私も含めてそうだが、現実が一体どういうものなのかを自分自身でしっかりと認識して、それを一般の方々に伝えることが大切だ。現在、社会や我々の中にある腐敗や偽善などをできるだけ排除、軽減していくことに皆さんが貢献されるべきではないか。当然そのためには、皆さんが誠実で、バイアスのかからない目で報道していただくことが大切だ」

と述べ、日本のメディアに向けてメッセージを贈った。

 ダライ・ラマ14世はまた、集まった記者たちの質問に時おり大きな笑いやジェスターを交えながら答えた。ニコニコ動画の七尾功記者が「チベット、中東だけではなく、欧米や日本でも政府などに対する抗議活動・デモ起こり、世界的に激化している。民衆が政府に強い不信感や怒りを持っていることは明らかだ。こうした世界的なうねりは今後どうなっていくとお考えか。政府と民衆との対立を克服するために何が必要か」と質問を投げかけた。

 これにダライ・ラマ14世は、

「我々はすべての努力をかけて、倫理や道徳観を進めていかなければならない。これは単に宗教的な考え方を通してだけではなく、一般に、皆さん自身が考えている良識を通して行うことができると思う。良識や、信頼を勝ち取ること、正直であることが友情を育み、そして温かい雰囲気が人を幸せにする」

と力強く語った。

■ダライ・ラマ14世とニコニコ動画の七尾功記者とのやりとり

「今の世の中は道徳的な考え方が欠如している」

七尾功記者: 被災地で多くの方を励ましていただきありがとうございました。質問ですが、チベット、中東だけはなく、欧米そして日本でも政府などに対する抗議活動・デモが世界的に激化しております。理由や規模はそれぞれですが、民衆が政府に強い不信感や怒りを感じていることは明らかです。こうした世界的な”うねり”は今後どうなっていくとお考えでしょうか。政府と民衆との対立を克服するために何が必要でしょうか。

ダライ・ラマ14世: やはり今の世の中は、道徳的な考え方が欠如している世の中になっています。そういったシステムに問題があるということです。あるいは道徳倫理の欠如・誤用があると思います。だからこそ、政治に関しても汚れた政治になってしまいがちです。確かに政治は、問題を解決する1つの方策であると考えます。しかし、政治を行う政治家の心が倫理を持たない、あるいは道徳心を持たない心で行なわれれば、どうしてもそこに現れる政治が汚れた政治になってしまいます。

 これは宗教でも同じことが言えるわけで。例えば道徳的観点・倫理を持たない宗教家であれば、宗教も同じように汚れた宗教になってしまうということです。だからこそ、我々はすべての努力をかけて、全努力をして、倫理や道徳観を進めていかなければならない。これは単に宗教的な考え方を通してだけではなく、一般、皆さん自身が考えている良識を通して行うことができるのではないかと思います。良識や信頼を勝ち取ること、正直であること、そういったものが友情を育み、そして温かい雰囲気が人を幸せにするのであります。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会