ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「もっとアスカの登場シーンを」 エヴァ芸人、新劇場版『Q』への期待を語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アスカのモノマネで知られる桜 稲垣早希さん

 アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するキャラクター・アスカのモノマネで知られる桜 稲垣早希さん。関西ローカル発のバラエティ番組『ロケみつ』(MBS系)のワンコーナー「ブログ旅」という過酷を極める企画でも、アスカのモノマネは健在だが、その合間に見える「素の表情」が魅力のひとつだろう。

 稲垣さんがエヴァに出会ったのは中学生の時。テレビで再放送を見た稲垣さんは、「自分にはない”強いものを持っている”」とアスカにあこがれ、近づきたいと思いモノマネを始めたという。今でも『エヴァ』を「BGMみたいな感じ」で視聴する稲垣さんに、『エヴァ』への思いや、公開まであと1年となった『新劇場版』の次回作『ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q』への期待、そして11月1日から始まる今年2回目となる全国イベントツアーへの意気込みを聞いてみた。

――稲垣さんの考える『エヴァンゲリオン』の魅力を改めて聞かせてください

 戦闘シーンがめっちゃ格好いいところです。第九話『瞬間、心、重ねて』という回が特に好きですね。イスラフェルという使徒を倒すのですが、まったく戦闘音がなくて、曲だけでそれを処理してしまうという見せ方がされていて、すごく格好いい。

――戦闘シーン以外ではどうですか

 強気なキャラのアスカが、回が進むごとに”病んでいく”ところですね。他のアニメと違って、主人公もめっちゃ病んでいて、他の周りのキャラクターもどんどん病んでいくというのがすごいと思います。私は思春期に『エヴァ』にハマったんですが、それまでのアニメではヒーローはヒーローのまま、ヒロインは可愛いままゴールインみたいな感じだったんです。でも、『エヴァ』は毎回終わるごとに救われない話になっていって、めっちゃリアルに感じました。

「アスカが病んでいくところ」が魅力

――先日、『新劇場版』の次回作『Q』が2012年の秋に公開されると発表されました。稲垣さんは『新劇場版』についてはどう思いますか

 『新劇場版』は、庵野秀明監督が「違う作品として見てくれ」と言うくらいですけど、内容も途中まで一緒と言えば一緒なんです。(新劇場版1作目の)『序』の”ヤシマ作戦”とかはほとんど一緒です。だけど(新劇場版2作目の)『破』からはもう全然違う。マリ(真希波・マリ・イラストリアス)とか新キャラが登場するし、エヴァ3号機のパイロットがトウジ(鈴原トウジ)ではなくて、アスカだったり。あとは、使徒に名前がなかったりとか。でも、「違う作品として見ろ」と言われても、やっぱり『エヴァ』の1つとして見てしまいますね。

 あと、やっぱり『新劇場版』からは映像がめちゃくちゃキレイになって、時代は『エヴァ』に追いついたなぁと思います。『新劇場版』では、庵野監督はこう見せたかったんだなというのを全部やってくれているような感じがあります。スピード感だとか。私が言っているのは全部戦闘シーンの話なんですけどね(笑)。

 TV版と『新劇場版』との違いで気になるのは、『新劇場版』でアスカの性格が少しポップになってるところです。TV版でアスカは「ヤンデレ」キャラだったのが、『新劇場版』では「ツンデレ」キャラになっています。そういう意味ではTV版の方が好きですね(笑)。

――『新劇場版』の次回作『Q』に何を期待していることはありますか

 もっとアスカの登場シーンを増やしてほしいです(笑)。無理かもしれないけど、私はアスカのシーンが多ければ多いほど楽しめるので。『Q』は、サードインパクトがもう起きた後の話なので、そこからどうなるのかというのが楽しみです。TV版ではサードインパクト後の話は切られているので、あの長い尺がどうなるんだろうって・・・公開される来年まで待ち遠しいですね。

――期待が高まる次回作『Q』ですが、今後どのような展開になると予想しますか

 『金曜ロードショー』の予告で、宇宙に行っているのを見て、ちょっとガンダム要素を感じました(笑)。あとはアスカが眼帯してたり、とにかくアスカの雲行きが怪しいなっていうのがありますよね。

 『序』も『破』も綾波レイが主役みたいなもので・・・。『破』はマリが活躍するのかと思いきや、綾波が全部持っていった。だから、もう綾波には『Q』ではおとなしくしといてほしいですね。あとは、『Q』で眼帯をして帰ってきたアスカがどう頑張ってくれるのか・・・。

――今後、稲垣さんも黒の眼帯を付けたりしますか

 ありだと思います。危うく「あると思います」と言いそうになりました(笑)。

■過酷極める「ブログ旅」企画でもアスカ健在

「ブログ旅」についても語ったもらった

 関西ローカルから始まったバラエティ番組『ロケみつ』内のワンコーナー「ブログ旅」は、稲垣さんがブログを更新して、そこに寄せられるコメント数分(1件につき1円)が旅の資金になるというもの。さらに稲垣さんがサイコロを振って、その目の出方次第で旅の資金が増減するルールになっている。時には宿泊資金さえ無くなってしまうこともある過酷な旅。現在は、兵庫県から鹿児島県を目指しており、ゴール目前の佳境に入っている。

 過酷な旅の中でも健在のアスカのモノマネ。こうしたドタバタの道中の様子が収められたDVD『ロケみつ~ロケ×ロケ×ロケ 桜 稲垣早希の西日本横断ブログ旅12 ネズミの巻』が2011年10月26日に発売された。また、同『13 ウマの巻』が11月30日、同『14ブタの巻』、同『ゾウの巻』が12月21日に、それぞれ発売される。

 また、11月から全国6カ所での単独ライブが始まった。今回は、自身初となる新潟県・熊本県でのライブも行われる。稲垣さんは

「初めての場所にも行けて、ネタを見ていただけるのを楽しみにしてます!新潟は本当に初めてですし、熊本はロケみつで苦しい思いも楽しい思いもした思い出の場所。初めて稲垣早希のネタを見るって方もたくさんいらっしゃると思うので、期待していてください!」

とコメントしている。

 さらに、稲垣さんは11月1日の大阪での単独ライブの最後に、来年3月14日に単独イベントツアーの「ドキュメンタリー的なDVD」を発売することを発表した。また今年の12月12日には、東京・渋谷にある「よしもと∞ホール」にて、芸人が「自分は一体何なのか?」を考える新感覚のトークライブ「WHAT AM I !?~桜 稲垣早希編Part2~」にも登場する予定だ。

 稲垣さんに動画でDVDとライブの魅力を語ってもらった。

【ニコニコ動画】桜 稲垣早希さんからメッセージ

◇関連サイト
・[ニコニコ動画]桜 稲垣早希さんからメッセージ
http://www.nicovideo.jp/watch/1320487112
・桜 稲垣早希の目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅 – MBS ロケみつ
http://www.mbs.jp/888/blogtabi/
・桜 稲垣早希、全国ツアー決定! – よしもとニュースセンター
http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/09/post-84de.html
・[ニコニコチャンネル]よしもと発ガールズユニット 桜・稲垣早希とつぼみのニコニコ開花宣言!!ちゃんねる
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch310

(文・山下真史、写真・石津大助)

【関連記事】
武井咲、初のニコ生に「面白~~い」 独占インタビューで視聴者と「会話」
「いま気にかかっているのは少年愛のこと」ゲイ雑誌『薔薇族』の初代編集長
「コメントで歌詞が飛んじゃいそう」 ニコファーレライブ直前”歌い手”Geroインタビュー
「楽器がもし歌ったら…という感覚で歌う」 『まど☆マギ』EDを歌ったKalafinaにインタビュー
水樹奈々に単独インタビュー「まさかあのステージに立てるなんて!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。