体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浮かんで、潜って、飛び降りて!カラダで感じるニュージーランドの絶景ベスト3

DSC03670

「絶景まとめ」をスマホで眺めて、満足している自分だった。「いいなぁ、いつか行きたいなぁ……」なんて口では言いながらも、やっぱりお布団の中が心地いい、そう思っていた。

だって、まだ知らなかったのだ。スマホで見ている写真の中の、澄み切った空気を、異国の鳥の歌を、はじめて見る花の香りを、その土地に生きる人たちを。特に、冒険者がつくった国・ニュージーランドには、“絶景を眺める”なんてものじゃない、“絶景の中に入って感じとる”機会がたくさん用意されている。

ということで今回は、カラダで感じるニュージーランドの絶景をあなたにお届けしたい。

前回記事:「さかさま、なのに、なつかしい国。ニュージーランドへの旅が心を揺さぶる5つの理由

もくじ:カラダで感じるニュージーランドの絶景ベスト3

【1】数十秒後は、違った自分――オークランド・スカイジャンプ
【2】地球の中の宇宙に出会う――ワイトモ・グローワーム・ケーブス
【3】鳥を見下ろしながら飛ぶ――エア・サファリ

【1】数十秒後は、違った自分――オークランド・スカイジャンプ

まずご紹介したいのは、ニュージーランド北島オークランドにある、南半球で最も高いタワー・スカイタワーからの“スカイジャンプ”だ。

タワーからのジャンプ、と言われた時点で「あっ、もうなんか無理」となってしまう人もいるかもしれない。私もわりとそうだった。が、192mの高さから最高時速85kmで飛び降りたあとは、最高に興奮しきってこう言っていた。「なにこれ気持ちいい! もう一回やりたい!!」……そんな一面が自分にあるなんて、数十秒前までは知らなかったことだ。

AD247-Sky-Tower-Auckland-MarkDowney

写真:Mark Downey

もう一回、どころか、係員さんにはもう200回くらい飛んでいる人もいるらしい。ただ、私に付き添ってくれた係員さんはこんな人だった。私がジャンプ用のスーツに着替え、バンジー的な縄をつけてもらっていた時のことだ。

自分「緊張するなぁ……」
係員「うん、僕も緊張する。初めてだから……
自分「え!?」

HAHAHAHAHA!! と他の係員さんがウケていた。これがニュージーランドジョークなんだろうか? とにかく、そんなふうに緊張をほぐしながらも係員さんはきちんと準備してくれた。周りでウケていた係員さんも、ちゃんと安全をダブルチェックしてくれる。ノリは軽いが、スカイジャンプは、ニュージーランド国内で行われるビジネスの安全性を審査するOHSの認証を受けた安全性の高いアクティビティだ。

いたれりつくせりで準備してもらった後は、いざジャンプ。意を決して飛び降りる感じを想像していたが、実際はノリノリの係員さんに「オッケー! レッツゴー!」されて気づいたら飛んでいた

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。