ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

子ども・高齢者の見守りから遠隔診療サポートまで!日本初の医療ホームロボット「シナモン」に期待

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
cinnamon_1海外では積極的に開発されている医療ロボット。いずれ日本でも、と願っていた矢先に登場したのが、この製品だ。

「シナモン」は、国内初の医療ホームロボット。2014年創業のロボットベンチャー、ドーナツロボティクス製作による期待のツールだ。

・共働き家庭の頼もしいサポーター

「シナモン」の役割はまず、急増する共働き家庭のサポート。子どもや祖父母、ペットの見守りはもちろん、ガスの元栓確認といった屋内の安全チェックにも対応する。操作は家の中では声とタッチパネルで、外出先からはスマートフォンでコントロールできるようになっている。

cinnamon_2子どもの場合、両親の留守中にその様子を逐一撮影。親は外から「シナモン」を介して、子どもが今何をしているかを、見ることができる。

離れて暮らす高齢の親との通信手段としても利用可能。簡単な会話もできるので、ストレス解消にもなる。

対象がペットなら行動確認の他、自動給餌器での餌やりにも対応。旅行にでかけられない不自由さとも、おさらばできるというわけだ。最初は赤ちゃん のように無知な「シナモン」だが、順次追加される 新しい機能(有料アプリ)を ダウンロードすれば、ユーザー専用のパーソナルロボットにも成長させられるのだそう。

・医療分野への導入めざし鋭意実験中

cinnamon_3現在は当初目的でもある予防医療のツールをめざし、病院の検査データ転送サービスや、遠隔診療に携われる機能に着手している最中。医療分野への本格的な導入に向けて、現在鋭意実験中だ。

Makuakeで公開された本品。目標金額はすでにクリア。10月25日まで掲載されるので、支援者はまだまだ増えると予測される。製品のプレオーダーは、1万9800円から受け付け中。

シナモン/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。