ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Wii』と『PS3』それぞれのユーザーはどう違う? ネットエイジアが意識調査

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ネットエイジアは、『Wii』と『PS3』についての意識調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネット調査)により実施。自宅にテレビゲームを持っており、テレビゲームをすることがある10~40代の男女計800名の回答を集計した。その結果によると、「『Wii』ユーザーはゲーム歴は長いがゲーム経験率は低い」「『Wii』は家族で、『PS3』はひとりでプレイする」など、それぞれのユーザーの特性が明らかになっている。


『Wii』と『PS3』の所有状況については、「『Wii』のみ持っている人」は28.0%で平均年齢は32.2歳、「『PS3』のみ持っている人」は4.3%で平均年齢は25.7歳、「両方持っている人」は5.6%で25.7%、また、それぞれのテレビゲーム歴は、「『Wii』のみ持っている人」は「20年以上」が40.2%だったのに対し、「『PS3』のみ持っている人」は23.5%になっており、『Wii』ユーザーのほうが年齢層が高くゲーム歴が長いことを示す結果になった。

しかし、各ユーザーに「今まで遊んだことのあるゲーム機の種類」を問う質問に対しては、「『Wii』のみを持っている人」が7.8種類だったのに対し、「『PS3』のみ持っている人」では8.9種類となっており、ゲームの経験値はゲーム歴に比例しないようだ。


また、各ユーザーのプレイスタイルにも特徴があることがわかった。「ゲーム機で誰とプレイすることが多いか」を問う複数回答形式の質問には「『Wii』を持っている人」は「家族と(78.4%)」、「1人で(46.5%)」と続いたのに対し、「『PS3』を持っている人」は「1人で(77.5%)」、「家族と(47.5%)」と逆転した結果が明らかになった。各ユーザーの好きなゲームジャンルは、「『Wii』のみ持っている人」のトップが「ロールプレイングゲーム(57.6%)」、2位「スポーツゲーム(51.8%)」、3位「アクションゲーム(52.9%)」で、「『PS3』のみ持っている人」はトップが「アクションゲーム(58.8%)」、2位「シュミレーションゲーム」「ロールプレイングゲーム」(52.9%同率)と、ゲーム機により好きなゲームジャンルが異なることもわかった。


ゲーム機の購入の目的を問う複数回答形式の質問には、「『Wii』を持っている人」が「プレイしたいソフトがあったため(52.0%)」「家族とのコミュニケーションを増やすため(45.4%)」「新しいゲームの操作方法を体験するため(39.4%)」が上位に上がったのに対し、「『PS3』を持っている人」では「プレイしたいソフトがあったため(81.3%)」「映像美や映像の迫力を体験するため(66.3%)」「ブルーレイが内蔵されているため(52・5%)」となり、それぞれの購入目的の違いも浮き彫りになっている(すべての図表付き元記事はこちら)。
 
 

■こんなアンケート・調査の記事もあります
あまり気にかけたことのない都道府県はどこ? 3000人アンケート結果
デジタル家電の“デフレ化”、春の大型連休で明らかに BCNランキング
環境省のエコ・キャラクター「まるでヨダレを垂らしているよう」とネットで不評
メタボ予防に“お酢”が効く!? ミツカン中央研究所が実証
おひとりさま家賃はどのくらい? 独身男女の“住宅係数” アットホーム調査

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP