ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ウィンク1つでパシャリと撮れる!世界最速のウェアラブルカメラ「Blincam」に大接近

DATE:
  • ガジェット通信を≫

眼鏡につけてウインクで撮影。ITアーリーアダプターでなくとも、心魅かれるキャッチフレーズだ。

Makuakeに登場したのは、世界最速のウェアラブルカメラ「BLINCAM(ブリンカム)」。手持ちの眼鏡に装着し、強くウィンクするだけで写真が撮れるという画期的な製品だ。プロジェクト公開からわずかな期間で、目標額を達成。7月25日現在、その額は1千万円を突破。勢いはまだまだ、止まりそうにない。

開発を手がけたのは、起業1年目のスタートアップ、BLINCAM。本品は1児の父であるCEO、高瀬 昇太(たかせ しょうた)氏の、自然な欲求から生まれたものだ。

・我が子の瞬間の表情を撮りたくて開発

Q1:まずは、製品開発のきっかけからお聞かせください。

私には3歳の娘がいます。彼女のふとした瞬間にみせる笑顔や、表情をもっと気軽に、気づいた瞬間(とき)に写真に撮れたらいいなと、いつも思っていました。しかし、カメラやスマートフォンを持っていても、その一瞬を捉えることは不可能でした。

そこで我々が創り出したのが、「Blincam」です。カメラを向けたときの構えた表情や、構図を考えた上で撮影した写真ではなく、ありのままの瞬間・風景・表情をもっと簡単に記録するデバイスがほしいと思い、開発を始めました。

Q2:ウェアラブルカメラとしては世界最速とのことですが、開発過程で最も苦労したのはどんなところでしょうか。

1つ目は、センサーの開発です。弊社特許出願中のセンサーですが、通常のまばたきは排除し、強いウインク(あるいは両目を閉じた時)のみに反応するように開発しております。(中略)

2つ目は、小型化・軽量化です。メガネにつけて使うという製品のため、重くなるのは絶対に避けなくてはいけません。(中略)複数のモジュールや基盤、バッテリーを詰め込んで小さな筐体に入れるのは、難易度が高かったです。

3つ目は、Bluetoothでの通信です。(中略)使いづらい製品・サービスは絶対に作りたくなかったので、Bluetoothにこだわりました。そのため、ファームウエアの開発には時間がかかりました。

・海外での販売も予定

Q3:Makuakeでは目標額の8倍以上を達成されています。この反響について、どう思われますか。

想定以上の期待をいただき、本当にうれしいです。正直始める前は、不安でいっぱいでした。一方でいただいた期待に応えなければいけないという緊張感もあります。

これまで慎重に進めてきましたので、開発には問題ありませんが、ますます気合いを入れて頑張りたいと思います。

Q4:資金調達後の展開について、教えてください。

製品の完成は、年末を想定しています。開発と並行して世界販売に向けて、各国で展示会へ出展したり、ウェブでのPRを展開していきます。

来年には、CESやSXSWなどへの出展も考えています。徐々に認知度を上げながら、量産に進んでいくつもりです。

瞬間のシャッターチャンスを逃さないがウリの「Blincam」。自転車走行中、荷物で手がすさがっているとき、スポーツ観戦時など、あらゆるシーンで活躍しそうだ。プロジェクトの公開は、9月28日まで。支援は、1万8000円から受け付けている。

Blincam

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP