体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バイオハザード アンブレラコア』をプレイしてみた おすすめポイント7選紹介

トップ用

6月23日にカプコンから発売された『バイオハザード アンブレラコア』。

「バイオハザード」シリーズのスピンオフ作品で、シリーズの世界観を舞台としたオンライン対戦専用の3人称視点シューティングゲーム(TPS)です。本作は基本的にはストーリー性はなく、対戦に特化したゲームになります。(1人プレイ専用モードではある傭兵の体験を基に世界観が語られます)

プレイはじめるとこ

記者は『バイオハザード』シリーズが大好きなのですがゲームが超ド下手。ゾンビに食べられることしかできません。そこで会社のゲーム上手な“きゃの先生”にプレイしてもらうことに。

観戦した中、きゃの先生のおすすめポイント7選をご紹介します!

『バイオハザード アンブレラコア』をプレイ きゃの先生のおすすめポイント7選

名称未設定 10

ONE LIFE MATCHのオンラインプレイは、対戦型のサバイバルゲーム。3人でチームを組んで、世界中のプレイヤーと戦います。

【ポイントその1】ゾンビジャマ―でゾンビに気づかれない

ざっざっざっ

きゃの先生解説:
「基本的にゾンビジャマーという装置をプレイヤーが装備しているので、歩いててもゾンビには気づかれないです。」

ぞんびをさっとよける

ゾンビの横も「サッ」と素通り。

ゾンビさんがわらわら

ゾンビジャマ―が破壊されることも。すると途端にゾンビに囲まれたり。

気を抜くとゾンビさんにも

気を抜くと、ゾンビさんが後ろから接近!

【ポイントその2】強すぎるッ……! 世界中の上手なプレイヤーと対戦

銃声が

きゃの先生解説:
「世界中の上手なプレイヤーと対戦できます。すぐやられちゃいますね」

たおれるところ

強すぎる世界中のプレイヤーさん。画面に広がる「YOU ARE DEAD」の文字。ふと気が付くと銃声で血まみれに。世界の強いプレイヤーと戦える『バイオハザード アンブレラコア』ならではの醍醐味が味わえます。

【ポイントその3】ファン必見! かつての名場面が目白押し

過去の名シーン キャプチャ

きゃの先生解説:
「過去にあった「バイオハザード」作品の中の舞台なんですよ」
パトカーに見覚えあるかたもいるのでは? 美しいグラフィック・雨音や歩く音など、臨場感抜群となって想い出深い背景がずらり。

【ポイントその4】装備が充実「武器が色々あります」

チーム戦

きゃの先生解説:
「いろんなコスチュームがあるので、楽しいです」

チーム3名

武器だけではなく、いろんな装備が充実。

装備を変更

ヘルメットひとつとっても武装コスプレが盛りだくさんです。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。