体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AC出力も可能なモバイルバッテリー『enerpad AC-24K』はプロフェッショナル仕様だった!

01-2016-07-10 11.25.31_R

リンクスインターナショナルが販売するUSBのみならずAC出力も可能なモバイルバッテリーenerpad AC-24Kを使ってみた。
とことんプロ仕様な同品を記者目線でレビューする。

02-2016-07-10 11.27.02_R

大きさはiPadミニとほぼ同じ大きさで、厚みはその3倍強。質量は約700グラムとかなりの大型。
普通にモバイルバッテリーとして持ち歩くには大きくて重い。
アウトドア用や災害時の非常電源として大切に保管しておくのも選択の一つではあるが、記者は取材時に持ち運んで通常の小型モバイルバッテリーと同じ方法で使用した。

03-2016-07-10 11.34.22_R

本体とマニュアル、充電用のACアダプターに高級感ある布製のソフトケースが入っている。

04-2016-07-10 11.36.30_R

USB出力5ボルトが2ポートと、アース付き3極ACコンセントが1つ付いている。ACは独立した電源スイッチがついているので、不要な時は切っておく。
すべてのポートで同時出力可能なので、スマホやタブレット端末を同時に充電しながら、さらにノートPCをACで充電することもできる。

05-2016-07-10 11.35.34_R

内蔵されるバッテリーはSANYO製の3.6ボルト24000mAhと大容量。
USBで5ボルト出力時は内部で5ボルトに昇圧するので、15000mAhとなる。3000mAh程度のスマホであれば5回は満充電できる計算だ。
AC出力時は消費電力65ワットの連続出力時で1-1.5時間使用できるとされている。このあたりは実際にノートPCを充電して実証してみた。

06-2016-07-10 11.32.34_R

さて、内臓バッテリーが大容量であれば充電に相当時間がかかるものと思っていた。付属の専用充電ACアダプターを見ると20ボルト2アンペアとなっていてスペック上の充電時間は4-5時間ではあるが、実際にはもう少し早く充電できた。

07-2016-07-14 10.29.00_R

いろいろな検証をしようと考えていたところ、偶然にもいきなりピンチに遭遇した。
取材時に使用する一眼レフカメラのバッテリーが減っていたのに、取材当日の朝に気が付いてしまった。
前日夜遅かったので、カメラのバッテリーチェックを怠っていたのだった。

08-2016-07-14 11.43.05_R

バッテリーグリップを付けて2本のバッテリーを使用しているので、そうそうバッテリーが切れることはないのだが、とりあえず1本だけでも充電すればカメラは使える。

09-2016-07-14 11.43.55-1_R

一眼レフでもコンデジでも、バッテリーの充電器はたいていは専用のもので、ACでなければ充電できないものがほとんどだ。
その充電器をカメラバッグに入れて、enerpadのAC出力をON。
電車乗車中と取材前のカフェでの時間調整中に無事1本をフル充電することができた。
その後、帰りにもう1本を充電してみたが、問題なく2本分をフル充電した。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。