ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AIで花の名前や生態を教えてくれるアプリ「Blippar」はiOSとAndroidに対応!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花屋で働いている人や、フラワーアレンジメントなどをやっている人を除けば、目に入る花の名前をパッと言えるという人は少ないのではないだろうか。

バラやユリなど大まかな種類はわかっても、なんという名称のユリなのかはわからない−。

そんな時に使えるのがスマホアプリの「Blippar」。カメラを起動して花にかざすだけで、名称や種類(属)、自生地などの情報を案内してくれるというものだ。

・被写体の情報が満載

人工知能(Artificial Intelligence)とコンピュータービジョンを活用し、スマホのカメラで花を捉えると、たちどころに情報が表示される。

バラはバラでもどういう種類のバラなのかという情報はもちろん、どういう環境でよく育つのか、そして語源の説明まで、ちょっとしたミニ知識を得ることができる。

・単語による検索より素早く

この画像による検索は、目の前のものの名称がわからない時に重宝する手段だ。外観を形容する単語で検索するより正確な結果を素早く得られる。

実際、Blipparは花だけでなくポスターや食べ物、アパレルなどでも使え、そのジャンルは拡大中とのこと。

現在、ワードサーチを「ググる(Googleで検索する)」と表現するように、画像検索を「ブリッパーする」と言うのが当たり前の時代になるかもしれない。

BlipparはiOSとAndroidに対応し、ダウンロードは無料となっている。

Blippar

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP