ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『大人の科学』に“音モノ”シリーズ登場 第1弾はあのアナログシンセの進化版だ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アナログ・シンセサイザーSX-150MARKII

学研教育出版は、人気シリーズ『大人の科学』から新しくサウンド・ガジェットシリーズを発売します。第1弾は『アナログ・シンセサイザーSX-150 MARKII』。世界を震撼させた(!?)アナログ・シンセ『シンセサイザー・クロニクルSX-150』の進化版です。今度は外部入力もあるので、『iPhone』などを接続してキュイーンと遊べちゃいますよ。

『Gakken大人の科学』シリーズは、発売以来累計200万部(製品版、マガジン版合計)を超える大ヒットシリーズ。子どもから大人まで、多くの科学ファンを夢中にさせてきました。なかでも、テルミン、シンセサイザー、ミニエレキなどの“音モノ”は、プロのアーティストの間でも話題になる面白さ。『サウンド・ガジェットシリーズ』は、そんな“音モノ”に特化した新シリーズです。

第1弾『アナログ・シンセサイザーSX-150 MARKII』は、異例の大ヒットになった『シンセサイザークロニクルSX-150』の後継機種。真っ赤なボディで装いも新たになり、数々の進化をとげました。まず、パラメータの見直しを行い、演奏性を向上させるために「VCF」「LFO」のコントロールボタンを追加。カーボンパネルに電極棒を滑らせ、メロディを追いながら自由自在に音を切ったり、ビブラートをかけられるようになりました。「LFO」は、FM変調までカバー、「RESONANCE」も調整できるようになり、より過激な音作りができます。

ちょっと音をいじって遊びたいシンセビギナーからミュージシャンまで、今回も幅広くウケそうです。本体サイズはW165×H44×D126mm、希望小売価格は7350円(税込み)。第2弾以降も楽しみですね。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。