ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビールじゃないの? フワッとしてクリーミーな新食感の「FORU COFFEE」は全米で話題のドラフトコーヒー!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本初のブリュレフレンチトースト専門店を運営するフォルスタイルは「FORU COFFEE」を販売中だ。

FORU COFFEEは、ビールサーバーで注ぐ窒素入りのドラフトコーヒーとなっている。

フワッとマイルドな口当たりの新食感はブリュレフレンチトーストと相性バツグンで、コーヒー通も唸らせるBOLIVIA50% – COLOMBIA25% – BRAZIL25%のオリジナルブレンドとなっている。

ドラフトコーヒーとは、アメリカ発祥のアイスコーヒーの一種。アメリカではすでにスターバックスにも導入されるなど大流行しているのだとか。

ドラフトは樽から注ぐという意味。専用サーバーで準窒素を含ませながら注ぐので表面にきめこまやかな泡ができ、見た目はビールのようでほんのりと甘くクリーミーな口当たりに仕上がるそう。

酸味が少なく、後味のすっきりしたコーヒーを楽しんで!

テイクアウトは、Sサイズ300円・Mサイズ500円で、店内ではSサイズ300円(フレンチトーストがセット)・ Mサイズ500円となっている。50円プラスでFORU LATTEも楽しめる。

「ForuCafe」は東京都新宿区西早稲田にあり、月~土の10:30~20:00(19:30ラストオーダー)の営業となっている。

「ForuCafe」
http://forucafe.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。