ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、中止されたと伝えられたスタンドアロン型VRヘッドセットの開発を実は継続中らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週の Recode の記事だと、Google はスタンドアロン型の VR ヘッドセットの開発を中止したことになっていますが、Engadget によると、その開発はまだ継続しているそうです。Google はこの数ヶ月の間、50 名ほどのエンジニアらで Oculus Rift や HTC Vive に対抗するような VR ヘッドセットを開発していましたが、その後の方針変更により開発チームは一時解体されて一部は、Google I/O 2016 で発表された Daydream の担当に回されました。それでも残ったメンバーらで VR ヘッドセットの開発が続けられているというのです。同サイトは開発中の VR ヘッドセットに関する詳細を公開していませんが、「ディスプレイを搭載しており、利用するのに PC やスマートフォンは不要」「従来の VR ヘッドセットよりも仮想現実の機能を提供するので、仮想現実と拡張現実の境界線を曖昧にするようなもの」だと述べており、現在入手可能な VR ヘッドセットとは方向性が少し違う製品となっていそうです。Source : Engadget

■関連記事
Nextbit、Robinの写真を閲覧できるWEBサービス「Nextbit Web Client」を提供開始
Android N Developer Preview 5でバージョン番号が「7.0」に変わる。イースターエッグのデザインも変更
NTTドコモ、AQUOS PAD SH-05Gのソフトウェアアップデートを開始、再起動を繰り返す問題を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP