ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「おっぱいには勝てなかったよ……」~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


筆者の住むあたりでは早くもセミの声が聞こえ始めました。空蝉とは、セミの抜け殻のこと。源氏物語全編でも非常に珍しい、BLシーン、おっぱい描写のあるシーンが凝縮された『空蝉』エピソードの後半をご紹介します。

「人生にifはない」既読スルーの洗礼

たまたま出かけた先の家で、自分より格下の人妻・空蝉を誘惑したら想定外の抵抗を受け、へこんだ源氏。これきりで終わらせるのはいやだ、なんとかならないか……。結局、弟の小君を引き取って面倒を見る代わり、連絡係として使うことにします。

小君は源氏の言うなりに、手紙を届けますが、空蝉は「こんなお手紙を見る人はいませんとお返事しなさい」。小君は食い下がりますが、「マセた事をしてはダメよ。それなら、もう源氏の君のところにお世話になるのはやめなさい」。そこまで言うとは。

源氏は手ぶらで戻った小君を叱り、「お前は知らないだろうけど、姉さんと私はずっと前から愛し合ってるんだ。でも、姉さんは私を頼りない若造と思って、伊予介のおじさんと結婚してしまったんだよ。姉さんは私を見くびっているようだけど、お前だけは味方でいておくれ」。

源氏が嘘のうまい男ですが、このエピソードでの源氏の嘘つきぶりは出色で、もう詐欺師並と言ってもいいくらい。それにしても子どもまでだますのは頂けないですね。

小君は源氏に宮中へ連れて行ってもらったり、新しい服を仕立ててもらったりと、可愛がられてすっかりなついています。源氏のウソを信じてどんどん手紙を届け続けますが、返事はもらえません。源氏はいら立ち、小君に当たったりします。既読スルーって、嫌だよね~。

空蝉も、頭ではあの夜を忘れようとしつつ、心では忘れられなくなっていました。あんな展開はいやだったけど、「もし人妻でなければ……」。空蝉は繰り返し繰り返しそう思います。でも人生にifはない。空蝉は手紙の文字の美しさ、優しく甘い言葉に心を動かされつつ、既読スルーを通すのでした。

焦れた源氏は「また方違えに」とウソをつき、紀伊守の邸に出掛けます。どうにか空蝉と会えるよう子君に命じますが、空蝉は女房の部屋に隠れて拒絶。さすがにここでは手紙に返事をしています。

源氏はショックで「こんなに手ひどくフラれたのは初めてだ。もう恥ずかしくて生きていられない」とまで言い、姉の代わりに小君と寝ます(!)。子君は源氏の愚痴を聞きながら涙を流しますが、その細身の体付きや髪の様子も空蝉に似ている。泣いている小君はいじらしく、「つれない姉より、弟のほうが可愛いなあ」

男色は別になんでもない時代、源氏物語でのBLシーンはここだけ。とても貴重なシーンです。にしても姉の代わりに弟を、なんてゲスいよ! 小君は意味がわかっているんだろうか? ともかく、この件で腹を立てた源氏は、空蝉への手紙を止めてしまいました。

ドキッ☆女だらけの囲碁大会に潜入!

しばらくして、源氏は紀伊守の邸にこっそり潜入。その日、空蝉は、継娘になる軒端荻(のきばのおぎ)と碁を打っていました。

2人は姉妹のようで仲がよく、紀伊守も不在なので女だけでのびのび。暑いので室内の几帳(布製のパーティション)などものけてあり、源氏のところからは二人の姿がよく見えました。

後ろ姿と横顔が見えるのが空蝉です。小柄で、手も痩せていて、目は少し腫れぼったく、鼻筋も通っていない。パーツ毎に見ると美人とはいえない顔です。

一方、真正面から見える軒端荻は、背が高く色白でムチムチ、髪もなかなか。華やかで愛嬌のある顔立ちの美人です。そして、着物の前がはだけておっぱいが見えています。

源氏は(ムチムチおっぱいの方、あれはあれでいいけど……空蝉は奥ゆかしいなあ)。空蝉はつつましく服を着て、話し方も振る舞いも感じがいい。一方、ムチムチおっぱいの軒端荻は、早口でキャッキャとはしゃぎ、明るく可愛いけどはしたない。ちょっとギャルっぽいような感じでしょうか。

いつの時代も、女だけの空間は究極にだらしないもんですが……。源氏の身の回りの女性はみんな、いつもきちんとしているので、こんなに開放的になっている女の姿は初めてでした。ましてやおっぱいがはだけている女の子なんて!源氏はムチムチおっぱい・軒端荻にも関心を持ち、小君に「あの子はどこ、もうちょっと見せて」と発言しています。

小君のBLシーンに続き、源氏物語でも希少なおっぱい描写。後のおっぱいは確か子育てのシーンなので、若い娘が無駄に(?)おっぱいをさらしている、という意味でもポイントが高いです。

筆者は女性ですが、二次元でも三次元でも女性のおっぱいを鑑賞するのが好きなので、よく記憶しております。

「おっぱいには勝てなかったよ……」据え膳食わぬは男の恥!

夜になりました。空蝉は最近、よく眠れません。軒端荻は隣でスヤスヤ寝ています。

源氏から手紙が来なくなったのも、自分が仕向けたこととはいえ悲しく、かといって不倫関係を続けるのは嫌。物思いにふけって「あの夜もこんなだった…」と思っていると、なんとも言えないかぐわしい香りと人影が。源氏だ!空蝉はとっさに、肌着だけでそっと抜け出します。

源氏は空蝉と間違え、軒端荻に寄り添います。源氏はあれっ?と思いますが(今更間違えたとも言えないし、あのムチムチおっぱいならまあいいや)。よくないよ!

軒端荻はやっと気が付きますが、恥ずかしがる様子があまりないので、源氏は「寝こみを襲って悪かった」という気持ちすら起きません。「前から方違えに来ていたのは、君のためさ」とテキトーなことを言い、そのまま彼女と契ってしまいます。

おっぱいには勝てなかったよ……。いや、おっぱいなのか、顔なのか、若さなのか、ぜんぶなのか?『据え膳食わぬは男の恥』とは言いますが、本命の弟のつぎは継娘と……これはゲスいよ!!

初めてのわりにあっさりモノになった軒端荻に対し、源氏は「特に好きとも嫌いとも思わないなぁ」と贅沢なことを思い、空蝉に逃げられたのが悔しくて、「どこに隠れているんだ、近くにいるだろうに」。逃げた本命に見せつけているのか?よくよく考えると結構な修羅場(?)です。軒端荻だけが事態を飲み込めていません。

結局、軒端荻にも「なかなか会えないだろうけど待っててね、連絡するから。秘密の恋こそ燃えると、昔から言うでしょう」などと言って別れ、空蝉が来ていた薄衣をこっそりと持ち出すことに成功。自宅に帰ってそれを抱きしめると、彼女の匂いがします。

源氏は手紙ではなく落書き風に「空蝉の身をかへてける木のもとに なほ人がらのなつかしきかな」と書きました。小君は翌日、空蝉にさんざん叱られますが、この和歌を見ると彼女は「どうしよう。あの衣、汗臭くなかったかしら…」と心配します。やっぱり夏は汗のニオイが気になりますね!服の汗臭さの心配をしている女心がリアルです。

空蝉は平静を装いつつ、やるせない思いに「うつせみの羽に置く露の木隠れて 忍び忍びに濡るる袖かな」。単なる出来心でスタートしたものの、思いがけない抵抗で延長戦にもつれ込み、結局は空蝉の逃げ切り勝ちに終りました。

とばっちりを受けた被害者3人、その後

さて、この恋に巻き込まれた被害者が3人。ひとりは子君です。

源氏からは「お前の姉さんはひどすぎる。どうしてこうまで嫌われなきゃならないんだ。私は伊予介のおっさんにも負けるのか。お前もいつまでも可愛がってあげられないかもね」と言われ、空蝉からも「よく考えもせずに行動して!」。僕は言うとおりにしただけなのに…。

もう一人は軒端荻。源氏の言葉を信じて手紙を待っていましたが、子君はいつも空蝉のところへ。少し考えたら分かりそうなものですが、彼女なりに、人知れずがっかりした日々を送っていました。処女を奪われたのにかわいそう。

彼女は後日、蔵人少将と結婚。源氏は「少将も、彼女のはじめての男が自分なら許してくれるだろう」などと思います。もう、なんてツッコんだらいいのかわからない。

さらに、空蝉の夫・伊予介。赴任先から戻り、源氏に挨拶をしますが、妻と源氏の不倫など夢にも思いません。源氏はさすがにきまり悪くなり、「自分にとっては残念だったけど、この男にとっては素晴らしい奥さんだよな」と思い返します。

空蝉はしばらくして夫と共に赴任先へ。源氏からは数多くの餞別が送られます。空蝉は時々、優しい返事を書くことはしますが、再び体の関係をもつことはありませんでした。後年、夫を亡くし、下心のあった継子の紀伊守に言い寄られて出家。尼になったところを源氏に引き取られます。

関係を持ったのはたった一度だけだったけど、源氏と空蝉の縁は細々ながら、相当長く続きます。源氏の「これきりにはしない」という約束は、一応守られたと思ってもいいのかな?

簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP