ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、自動車向けプラットフォーム「Android Auto」をついに国内でも提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 7 月 13 日、Google I/O 2014 で発表し同年秋から米国を皮切りに開始されていた自動車向けの Android プラットフォーム「Android Auto」を、ついに日本でも提供開始しました。Android Auto は運転中の Android 利用をより安全かつ簡単にするために開発された、カーナビなどの車載システム用 Android OS で、Android スマートフォンを Android Auto 対応カーナビに接続すると、Android アプリの UI が最適化された状態でナビ画面に表示され、音声コマンドや音声による読み上げ、ハンズフリー通話などが利用できるようになります。また Android Auto 使用中はスマートフォン側はロックがかかった状態となるので、手で持って操作を行うことができなくもなります。Android Auto は今のところ Android Auto 対応カーナビとスマートフォンを有線で接続する必要がありますが、Google I/O 2016 では 車載ディスプレイとのワイヤレス接続できる機能や Android 単体でも動作する機能が追加されることも発表されています。Source : Google

■関連記事
ハクバ、アニメ「黒執事」仕様の手帳型マルチスマートフォンケースをの受注を開始
Android用ハングアウトがv11.0でビデオメッセージ機能をサポート
Samsung、8月2日にニューヨークで「Galaxy Note 7」発表を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP