ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐々木心音が“母親と”売春する衝撃キャラに挑む! ドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』まもなく放送

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


漫画『闇金ウシジマくん』。人間のリアルな闇の部分が存分に描かれ、読んでいるとダークサイドに引き込まれてしまうコワ〜い話。

そんな闇金のドロリとした怖い話を題材にした漫画なのですが、2010年には実写・テレビドラマ化されヒット。

関連インタビュー:
『闇金ウシジマくん』真鍋先生インタビュー「“なんで俺のこと漫画に描くんだ”って怒られます」
http://getnews.jp/archives/243133[リンク]

生々しくて痛すぎる……あのキャラクター達のモデルは実在する? 『闇金ウシジマくん』真鍋昌平先生インタビュー
http://getnews.jp/archives/578536[リンク]

今回、2016年7月から最終作と銘打った深夜テレビドラマ Season3が放送が始まります。さらに映画パート3、映画ザ・ファイナルもグランドフィナーレを迎えることに。

『闇金ウシジマくん』シリーズとは?


『闇金ウシジマくん』ってどんなお話なの? という方にまずはザッと概要を。

『闇金ウシジマくん』のストーリーは、金に困り“後がない”客たちに「10日で5割(トゴ)」、時には「1日3割(ヒサン)」という超暴利で金を貸し付け、返済が滞る債務者は徹底的に追い込んで回収するヤミ金「カウカウファイナンス」。

冷静沈着、冷酷非道なカリスマ社長・ウシジマを山田孝之さんが演じます。

深夜ドラマとしてスタート、その後映画版へ。原作は、現代社会の闇を容赦なくえぐり、ハードな内容ながらベストセラーとなった真鍋昌平の同名コミックス。2011年に小学館漫画賞を受賞し、累計発行部数は1,000万部を超え。

3Pを強いられるどん底系ヒロイン役! 演じるのは佐々木心音さん


深夜テレビドラマ Season3のヒロイン……。
闇金と関わってしまうストーリーですので、だいたいどん底になる運命でしょうか。抜擢されたヒロイン役には、女優・佐々木心音さん! 役柄といえば、家出してネットカフェで暮らし、母娘セットでウリをする(!?)少女の美奈。壮絶です。

このたび、都内にて、女優・佐々木心音さん、実写シリーズ生みの親・山口雅俊監督、「闇金ウシジマくん」のスピンオフシリーズで2シリーズに渡り主演を演じた堀江貴文さんの3名の会員限定トークショーが行われたのですが、佐々木心音さんは、乳間あらわな大胆なドレスで登場! 美奈!

トークショーでは「ファイナルって最後だよね?」の堀江さんの質問に「終わったら次はリターンとかもあるよね」とニコニコ和やかに話す山口監督。

テレビドラマは7月17日(日)深夜スタート。待ち遠しいですね。

<1話ストーリー>

雑誌社に勤める上原まゆみ(光宗薫)は、優柔不断で結婚する気もお金も無さそうな彼氏に失望し、いつしか心の拠りどころは占いだけになっていた。ある日、神堂(中村倫也)と名乗る不思議な男と偶然出会った彼女は、心酔する占い師から「運命の出会い」だと言われ、なんとなくその気に。しかし、彼女の人生が動きはじめたその果てには、ウシジマとの皮肉な巡り合わせが待っていた。
 一方、ネットカフェで暮らす家出少女の美奈(佐々木心音)は金に困り、パチンコ三昧の母・恵美子(倖田李梨)に母娘セットで7万円というウリの話を持ちかける・・・。

働く気のない小瀬(本多力)はガスも電気も止められ、生活保護の申請に赴くも、取り合ってもらえない。なんとか裏技を使って大好物の牛丼をゲットして食べていると、ウシジマらカウカウファイナンスのメンバーがやってきて・・・。
 クズはクズなり、三者三様。運命の歯車が狂い出す時、彼らの前に立ちはだかるウシジマはどのような鉄槌を下し、その人生をどう変えてゆくのか?超キケンな新章がついに幕を開ける。

キャスト
山田孝之
綾 野 剛
光 宗 薫 中村倫也 佐々木心音
本 多 力 久松郁実 小瀬田麻由 今野鮎莉
佐々木麻衣 卯水咲流 希崎ジェシカ 倖田李梨 ムートン伊藤
マキタスポーツ 高橋メアリージュン
崎本大海 やべきょうすけ

放送開始

MBS 7月17日(日)スタート 毎週日曜 深夜0:50~1:20
TBS 7月19日(火)スタート 毎週火曜 深夜1:28~1:58

公式サイト

http://ymkn-ushijima-movie.com/index.html

(C)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP