体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】iPhone/Android用のスマートコントローラー『iBOW mobile』読者レビュー

ibow_001

ガジェット通信の製品モニター募集『iBOW mobile』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は3人の方のレビューを採用させていただきました。

【募集終了しました】iPhone/Android用のスマートコントローラー『iBOW mobile』のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニプレゼント】
http://getnews.jp/archives/140070

今回はプリンストンテクノロジー株式会社様から『iBOW mobile』をご提供いただきました。

*   *   *   *   *

木村さんのレビュー

●パッケージを開ける
開けてびっくり。思ってたよりも小さく、そしてとにかく軽い!なくさないか心配なくらいです。これだけ軽ければ持ち歩く機器が増えても気にならないですね。

小さなことですが、電源ON/OFFがスライドできるのも高ポイント。長押しでON/OFFする機器は思った以上にその手間がストレスになるし、ON/OFFどちらになっているかが視覚的にわかるスイッチは安心感もあります。

『iBOW mobile』は電池交換式ではなく、充電方式。接続コネクタはMicro USB方式。私が所有している機器では『Kindle3』、『KindleDX』、『WiMAX U-Road8000』が同方式でした。『iBOW mobile』はパソコンから充電するためのUSBケーブルのみが付属してますが、パソコンのUSBポートが混雑してても、『WiMAX』のACアダプタが使えます。

●並べてみました
『iPad2』・『折りたたみ式Bluetoothキーボード』・『iPhone4』・『WiMAX端末』と一緒に並べてみました。

0234

画像1:『iBOW mobile』のコンパクトさがよくわかります。

●接続
いよいよ『iPhone』と接続します。『iBOW mobile』本体には裏と表がありますが、仮にキーボード面を表、再生・音量コントロール面を裏と記述します。

1.『iPhone』で「設定」→「一般」→「Bluetooth」と進み、Bluetoothがオフの場合「オン」にする
2.『iBOW mobile』の裏面中央の再生/一時停止ボタンを押しながら電源をON
3.iPhone上の「デバイス」にPTM-BHKが表示されるので、タップ
4.パスキーの4桁の入力を求めるメッセージが表示されるので、『iBOW mobile』の表のキーボードで「4桁パスキー」+「Enter」を入力
5.接続完了!!

とっても簡単でした。

ちなみに『iBOW mobile』は『iPhone』ではiOS4.2以上対応となっていますが、私の『iPhone4』はワケあってiOS4.0のままです。それでも全く問題なく接続できました。

●通話してみる
私は通話・メールはauのガラケー、情報端末として『iPhone』という2台持ちです。

auで通話しながら『iPhone』でカレンダーチェックという使い方を頻繁にしています。マイク付きのイヤホンを使えば『iPhone』1台で済むというのは分かっていたけども、見た目の問題で抵抗がありました。『iBOW mobile』を使えば、普通に電話しているように見えるはず! あとは音質や使い勝手が気になるところです。

そこで、実際に他のひとに電話をかけてもらい、『iBOW mobile』で通話してみました。接続したままにしていれば、『iPhone』をさわらずに『iBOW mobile』の通話ボタンだけで通話開始。音質も非常に良好。普通にしゃべるのと全く変わりません。こちらの声も問題なく相手に届いています。

0520

画像2:そのままマルチタスクでデータ通信。

通話中は画像2のような画面になりますが、ホームボタンを押してホーム画面に行けば、どのアプリにもアクセスできます。

通話しながらデータ通信が可能というのは『iPhone4S』でSoftBank側のプレゼンで強くアピールされたことではありましたが、そのときは耳に『iPhone』当てたままじゃ結局使わないよというのが正直な感想でした。が、『iBOW mobile』で会話しながら、地図アプリ、Twitter、カメラ撮影等全く問題なく行えちゃったのを実際に体験すると、これはなかなかの感動です。

『iBOW mobile』の操作だけで自分から電話かけることはできませんが(リダイアルのみ可能)、そもそも液晶がなく相手番号を呼び出すのに本体を使わざるをえないので、問題ありません。『iPhone』本体から発信を行えば、音声は自動で『iBOW mobile』に来ているのでそのまま通話ができます。

Bluetoothの接続は、他メーカーのキーボードではキー入力をしないと接続が切断されてしまいますが(キーを押すと再接続される)、『iBOW mobile』は通話を前提としているので勝手に切断されることもなくスムーズに着信を受けることができます。

さて、『iBOW mobile』側は連続待受時間が400時間と全く問題ないのですが、Bluetoothを接続しっぱなしにしている『iPhone』側の電池持ちが気になるところです。実際に接続したまま放置してみたのですが、普段の減り方とほとんど変わりませんでした。実際に通話や音楽再生を行えば当然減りは大きくなりますが、待ち受け状態での電池消耗が少ないことは大きなメリットです。

ひとつだけ残念なのは通話ボタン・終話ボタンが小さく、直感的ではない配置なので慣れが必要なことです。

●接続時に着信した場合
『iBOW mobile』にヘッドホンをつなぎ、音楽を聞いてるときに着信した場合の動作を実験してみました。音楽がフェードアウトして一時停止状態になり、着信音がヘッドホンから聞こえます。そのまま『iBOW mobile』の通話ボタンを押せば、相手の声はヘッドホンから聞こえます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。