ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ダイバー必見】4500ルーメンの明るさで水中を照らす!1時間の連続使用可能、パワフルな“水中用懐中電灯”が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“夏といえば海”というイメージがあるが、中にはスキューバダイビングが趣味という人もいるだろう。

色とりどりの魚が泳ぐ姿、地上では見たことがない生き物たち……「海の中の美しい世界をもっと明るく照らし出して見てみたい」そんな要望に応えてくれるのが「Vagotech」というパワフルな“水中用懐中電灯”である。

開発チームの1人Davide Vago氏はスキューバダイビングの愛好家であり、昼と夜の海の世界の違いに驚いた体験から、この水中用懐中電灯の開発を着想したという。

・水深100メートルまで動作確認済み

「Vagotech」のサイズ感は以下。重さは地上では1550、水中では900グラム。ライトのヘッド部分の直径は75、本体部分の直径は56、全体の長さは280ミリメートルで、一般的な懐中電灯と比べると少し大きめな印象。

水深100メートルまで安全に動作することが確認済みだ。

・4500ルーメンの明るさ、電池は1時間持続

肝心のライト部分は強力なCREE LEDを3つ搭載し、トータルで4500ルーメンの明るさを実現。

12ボルト、4500mAhの再充電可能なニッケル・水素充電池が搭載されており、フルパワー状態で60分、50%のパワーで90分の連続使用が可能というパワフルさだ。

16ボルト、3.5Ahの専用バッテリーチャージャーにセットすると、1時間45分~2時間程度で充電が完了する。

専用のハードケースに入れて収納しておけば、安全に保管ができそうだ。

・Indiegogoで出資を募集中

この「Vagotech」は現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。価格は689ユーロ(約7万7000円)から

Vagotech

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP