ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今日の晩ごはんから使えるアイデアがいっぱい!~マガジンハウス担当者の今推し本『もう献立に悩まない』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。自炊派のみなさ~ん! 今日の晩ごはん、決めましたか? つい好物ばかり作って栄養の偏りが……とか、ネタが尽きて出来合いのものばかり……とか、料理のセンスがなくていつもイマイチな仕上がり……とか、いろいろ大変ですよね、ほんとに! 今日は、料理本といえばこの人、プリンスWさんにお越しいただいたので、悩み多き自炊派のための本をPRしてもらいましょう~。

――――Wさん、今日もほのぼのしてますね! 早速ですが、今回のイチオシ本を教えてください。

W 「はい、タイトルは『もう献立に悩まない』といって、あのベストセラー『考えない台所』の著者、高木ゑみさんの最新刊です」

――――台所仕事の苦痛さから解放してくれる良書でしたね。ということは、本書は『考えない台所』の続編ってことですか?

W 「版元が違うのでそれはなんとも(笑)。ただ、前作に比べ、献立作りに特化させ、レシピを充実させてより実践できる本にしたことは確かです」

――――3つの章は、悩みがタイトルになってますね。「case1 作りたいものが決まらない」、「case2 作る時間がない」、「case3 そもそも料理に自信がない」。まるで自分のことかと思っちゃいました。

W 「だいたいの方は、大きく分けるとこの3つに悩まれてるかと思いますよ。『作り方が決まらない』の章では、買い物の仕方や食材の選び方なども含まれます」

――――そうそう。それぞれの悩みについて、たくさんのルールとレシピが紹介されていて、それが結構細かくて(笑)多岐に渡っているのがよかったです。

W 「勉強もそうですが、わからない人って、何がわからないのかがわからないじゃないですか。だから、方法論を絞り込んだ‟献立に悩まなくなる方程式”というよりは、できるだけ多くのヒントを紹介したほうが、解決に近いかと思って」

――――うん、うん。一冊で一つの方法論を提案されると、それがしっくりこないと終わりですもんね。その点、この本は、「肉は部位で選ぶ」とか「一歩手前料理」とか、「健康を考えたら“まごわやさしい”」とか、「焼くときはとにかく動かさない!」とか、できそうなことから始められるのが気楽でした。

W 「ある程度の下ごしらえをして、完成の‟一歩手前”にする。‟ま”め類、‟ご”ま、‟わ”かめ、‟や”さい、‟さ”かな、‟し”いたけなどのきのこ類、‟い”も類を中心とした料理で健康的な食生活にする。どれも、簡単だけど取り入れやすいルールです」

――――と、今仰ってた「一歩手前料理」と「まごわやさしい」などのルールを用いて、Wさんに一食分、作ってもらいましょう!


主菜:ささみのごま揚げ
副菜1:いんげんとしめじのおかか和え
副菜2:冷奴のねぎ塩のっけ
ごはん、トマトの味噌汁

この本で得たアイデアを盛り込んだ、ある日の献立です。たった15分で完成! 巻末付録「メインおかず最強シート」をもとに、ささみをあまり使っていないなぁ……と気づき、<ささみのごま揚げ>をメインに考えました。(添えているのは、”一歩手前料理”として週末に作っておいた<紫玉ねぎのマリネ>)
あとは、30秒で作れると紹介している<冷奴のねぎ塩のっけ>。ねぎは切ってあったので、10秒でできてしまいました(汗)。
副菜は、いんげんを茹でてあったので、いつもはおかか和えですが、”まごわやさしい”をヒントに、きのこ(しめじ)を和えてみたら、わずかながら、食べごたえもアップ。これがあるだけで、なんだか献立のグレードが上がったような……。
あと味噌汁アレンジを参考に、トマトを入れたら思いのほか、相性抜群! さっぱり味で、暑い夏にはおすすめしたいです。

――――素敵~。Wさん、料理人になったら人気出そうですよ! このメニューに盛り込まれたアイデアの詳細は、本書でどうぞ。この、「メイ―ンおかず最強シート」とは?

W 「この本の巻末に付けた、書き込み式の献立表です。自分が作った料理や作ってみたいメインの肉・魚料理を部位別に書き出してみて、得意な部位は冷凍しておくと安心だったり、頻度の低い部位は今後の課題にしたりと、どんどんレパートリーが広がっていきます」

――――では、Wさんにこのシートも書いてもらいましょうかね。お願いします!

「メインおかず最強シート」に記入したところ、揚げ物が好きなことに気づきました……。
なので今回、得意な揚げ物のレパートリーを広げるべく、安いささみをターゲットにレシピを検索。存在を忘れていた<ささみのごま揚げ>を開拓しました。ほかにも、牛肉(高いけど)はまだまだわからないなぁとか、ダイエットしたい自分にとって、茹でるレシピをもっと取り入れるべきだな、など、収穫は多かったです。

――――な、なんか日記を覗き見してるみたいな背徳感がありますね。でも、Wさんは揚げた魚がお好きなんだということがわかりました!

W 「空欄になっているところが、僕の今後の課題だなと、明確にわかるのは便利でしたね。日常の料理をいかにわかりやすく簡単にするかが、この本のテーマでもあったので」

――――あ、そうだったんですか。

W 「そうですよ(笑)。僕は料理が好きで、料理の本をいっぱい作ってきたので、おのずと周りには‟知りすぎてる”人が多くなっていたんですね。でも、日々の食事ってそんなに敷居が高いものではないし、新米主婦の方や一人暮らしの方が、この本を読んで気軽に料理を楽しめればベストだと思います」

――――敷居は低めだと。

W 「はい。それに高木さんのレシピは、市販のものや缶詰、瓶詰なども否定しないのが素晴らしいんです。だから、本書で紹介するレシピも、近所にあるごく普通のスーパーで買えるようなものしか使ってませんし」

――――確かに、聞いたことないスパイス数種類を、ラム肉の塊にまぶして…みたいなイケメン料理ではないですね。

W 「そういう料理ももちろんいいのですが、現時点で毎日の献立に悩まれているような方には、この本がイチオシですよ!」

――――Wさん、今日はありがとうございました。いつかお店出したら食べに行きますね~。

著者の高木ゑみさん。お美しいです。

今週の推し本

『もう献立に悩まない』 高木ゑみ 著

ページ数:192頁
ISBN:9784838728619
定価:1,296円 (税込)
発売:2016.07.07
ジャンル:料理

[http://magazineworld.jp/books/paper/2861/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP