ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大胆なタトゥー入り!異色のバービー人形が登場、ガリガリに痩せた拒食症気味のバービーは回収措置へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

女の子なら誰もが一度はハマるバービー人形。バービーを製造している米国Mattel(マテル)は最近、ピンク色のボブヘアーに、背中から首にかけて大胆なタトゥー(刺青)が入った異色のバービー人形を発表した。しかし、あまりにもデザインが過激なため、米国では賛否両論を巻き起こしているという。

ファッションはかなり独特だ。肩出しの黒い上着に、ピンクのミニスカート、そしてヒョウ柄のレギンスにシルバーのハイヒールという組み合わせ。さらにバービーが連れている子犬もサボテンのようなトゲトゲファッションで、手を出したら噛みつかれそうだ。

インターネット上で50ドル(約3800円)で販売されたが、コレクターの間で話題を呼び、すぐに完売してしまったという。だが、子どもを持つ親からは子どもに悪影響を与えるのではないかと、不安の声が上がっている。米時事週刊誌『US News & World Report』は、「このバービー人形は不適切だと思うか?」というアンケート調査を実施したところ、27日の時点で「適切」が33.73%、「不適切」が66.27%という結果が出た。

最近話題になった異色バービーはほかにもある。スウェーデンからは拒食症気味のバービー人形が登場し物議をかもした。スウェーデン紙『ザ・ローカル』によると、ある親子が地元の玩具チェーン店を訪れたところ、4から6歳を対象にした人形コーナーにガリガリに痩せこけたバービーが陳列されているのを発見した。これを見つけた保護者は、「子どもたちが体形について間違った認識を持つ恐れがある」と感じ、問題の人形の写真をフェースブックに掲載。すると衝撃的な姿だとして大きな物議をかもし、6カ所の玩具チェーン店で販売されていた痩せたバービーはすべて回収措置となったという。

ちなみに、日本ではタトゥー入りバービーが11月から限定版として販売されるようだ。異色のバービー人形に興味がある人はチェックしてみてはいかがだろう?

※画像:Barbie Collector/The Localより引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。