ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『涼宮ハルヒの憂鬱』聖地・西宮の洋菓子屋さんの七夕クッキーがスゴイ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
七夕クッキー

もうすぐ全国一斉七夕デーということで、今回は七夕にちなんだクッキーのご紹介です。

『七夕の思い出オレンジTシャツ! アイシングクッキー』

七夕クッキーのアップ

こちらがその商品です。
胸のところにパンダっぽいワンポイントが入ったオレンジ色のTシャツ型のクッキーで、『七夕の思い出オレンジTシャツ! アイシングクッキー』という商品名です。

パンダ=笹の葉=七夕、といったやや遠い関係がなくもないですが、一体このTシャツ型クッキーのどこが”七夕”に関係あるんでしょう?

よみがえる”笹の葉ラプソディ”の想い出!

答えはコチラです。

笹の葉ラプソディ

実はこのクッキー、TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の1エピソード「笹の葉ラプソディ」にて、ヒロイン・涼宮ハルヒが着ていたシャツにそっくりです。
この回は”笹の葉”の名が示す通り七夕をテーマにした話になっており、作品ファンであれば7月になると必ず思い出す名エピソード。
だからこのクッキーも”七夕の思い出”なんですね。

このクッキーを販売している『西北菓子工房シェ・イノウエ』は、『涼宮ハルヒの憂鬱』の舞台のモチーフとされる兵庫県西宮市にある洋菓子店。
そういった縁があって、ファンなら誰もが思いを馳せる時期に作品をイメージしたお菓子を作ることにしたそうです。

実食してみたところ、クッキー部分は少ししっとりしていて食感が良く、Tシャツ部分は砂糖菓子になっており、本体部分が少し薄味なのと調和してちょうどいい甘さにしてくれています。
単なるファンサービスではなく洋菓子としてちゃんとおいしいのは、さすが洋菓子店さんのお菓子です!

遠方の方でも購入可能ですので、ご関心の方はぜひ買って口にしてみてください! 購入方法は以下ご紹介いたします。

※このクッキーは公式グッズではありません。

商品紹介・購入方法

『七夕の思い出オレンジTシャツ! アイシングクッキー』
販売価格:324円(1枚)
販売期間:7月中(予定)

来店しての購入の場合

枚数が限られているため、絶対に買い逃したくない方は事前に電話確認するのがいいでしょう(取り置き可)。
『涼宮ハルヒの獄音』が実施される塚口サンサン劇場からそれほど離れていないので、ついでに寄って買うのもいいかもしれません。

郵送希望の場合

直接の来店が難しい場合は、郵送対応もしてくださいます(送料別)。
その場合、郵送希望の旨必ず電話にて相談してください。(Twitter・Facebook等は不可)

どちらの場合も在庫切れの場合、新しく焼くのに1週間程度要する場合があります。その旨ご了承ください。

店舗紹介

阪急 西宮北口駅 徒歩3分「焼き菓子とスイーツのお店
「西北菓子工房シェ・イノウエ-CHEZ INOUE」

所在地:兵庫県西宮市南昭和町2-15-101
電話番号:0798-69-3128
URL:http://chez-inoue.info/
メール:nishikita@chez-inoue.info
営業時間:午前9:30~19:30
定休日:月曜


今年は『涼宮ハルヒの憂鬱』関連イベント盛りだくさん!

今年は『涼宮ハルヒの憂鬱』がアニメ化して10周年にあたる年。
そのため初のコンプリートサウンドトラック『涼宮ハルヒの完奏』(7月7日発売)や10周年記念グッズの発売、7月9日開催のイベント『涼宮ハルヒの獄音』のニコ生配信など、イベント盛りだくさんの年になっています。
そんな年の7月を、このクッキーを食べてより思い出深いものにしてください!

□10秒でチケット完売!? 一気見上映会『涼宮ハルヒの獄音』ニコ生配信決定!

gokuon

http://getnews.jp/archives/1482921

□【総額49572円】『涼宮ハルヒの憂鬱』新グッズ全レビューと買ってみてわかったこと

goods

http://getnews.jp/archives/1474974

□【速報】『涼宮ハルヒの憂鬱』SOS団がYouTuberデビュー!? 大人っぽくなった最新版ビジュアルも公開!

kansou

http://getnews.jp/archives/1453509

余談。

『シェ・イノウエ』さんのお店の前にはこういった道路標識? 看板? が立っています。来店の際の目印にしてください。

飛び出し長門

なお、彼女が持った笹には「調和」「変革」と書かれた短冊がかけられています。

※写真は著者の撮影によるものです。キャラクターの権利は権利者に帰属します。
(c)2007,2008,2009 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: いしじまえいわ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。