ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#31 アーシング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

人は服を着る動物である。
暑さ、寒さ、風と雨、その他、外から身を守るために、服を着るようになった。それと同じくらい当たり前に靴を履く動物でもある。
進化の途中で、どうして体毛が無くなったのかは知らない。知性を豊かにする一方で、身体的な強度を失っていったのはなぜだろう。きっと理由があるのかもしれないし、無いのかもしれない。
とにかく、現在の人類は、地球上で唯一裸で暮らさない生物だと言える。そしてそれは人類にファッションをもたらした。何を着るかが、何を食べるか以上に意味を持つという人がいるほどに、それは輝きを持っている。その一方でファッションに関しては無頓着な人も実は多い。安くてそこそこ見栄えがよければ、なんだっていい、という感じだ。
それは靴にしても同じで、人類は一部の人を除いて、身を守り快適さを維持することを主な目的として、着て、靴を履く。
だが、メリットとデメリットというのは大概の場面で共存する。服や靴で身体を守る一方で、世界を直に感じる機会を極端に減らしてしまったことで失ったものもあるに違いない。
守られている安心感がある一方で、それを脱ぐ時の自由さ。裸足で公園を歩く時の、あの気持ち良さ、開放感、満ち足りた感じ、幸福感。あれはいったい何なのだろう。
水着で海や川に入る時の、あの嬉しさ、高揚感、夢心地、あれもいったい何なのだろう。
服や靴を脱いで自然と接する時に、得る、多幸感。それは人類以外が常に感じているものに違いない。なにせ彼らは常に裸なわけだから。
大地や水に直に接すること。その当たり前を失って、おそらく一生のほとんどを服や靴に遮断されるということは、本来必要な感覚を麻痺させてないだろうか?また逆に遮断されることによって新たに獲得した感覚もあるのだろうか。私はいつの頃からかこういう疑問を持つようになって以来、時々は意識的に靴を脱いで裸足で歩くようにしている。草や土を足の裏で感じる時、私は家に帰るような懐かしさをいつも感じる。人類というカテゴリーを超えて、ひとつの生物として、屋根と壁を持たない家に帰宅したような、切ない懐かしさと、親の腕の中にいるような安心を覚えるのだ。

2ページ目につづく

ハワイのノースを初めて訪れた時、優しく穏やかな笑顔を浮かべたサーファーたちの佇まいがとても印象的だった。自分も彼らのように優しい微笑みを浮かべて暮らせないだろうかと羨ましく思った。そんな彼らはアスファルトの道も、ハンバーガーショップでも常に裸足だった。
裸足でいることは、なんて自由なのだろう。ハワイでの滞在中にその真似をして過ごすと、それはビジュアル的なものだけでなく、実際に快適で体を奥から喜びがじんわりと染み出してくるのが、わかった。
幸せになるには、まず裸足の時間を増やすこと。私がハワイに教わった大切なことのひとつだ。
そして、同じことを感じている人は、世界にたくさんいる。
アーシングというヒーリングメソッドを聞いたことはあるだろうか?
冷蔵庫などの電化製品が漏電した場合、人間が感電しないようにアース線を通して地中に電流を落とすことをイメージする人は、かなりいい線いっている。
現代の一般的な生活は電気製品に囲まれている。それらの全てから強弱の差はあるが電磁波が出ていて、それは人間の健康に悪影響を与える。その悪影響をリリースすることがアーシングのひとつ目の効用であり、大地から直接自由電子を取り込んで、体に本来のバランスをもたらすというのが、第二の効用である。
地球上、宇宙に存在する電波、磁波、電子などを直に地球に触れることによって、上手にバランス良く取りこみ心身を健康に保つというのが、アーシングの基本的な考え方だ。
簡単に言えば、裸足になって草地や土に立つことによって、人間の体から不要なものを地球が受け取ってもらい、また地球からは足裏を逆に通って必要なものが体に入って来るということだ。
足の裏がドアとなって、地球と通じるという感覚は、脳の活動ばかりに偏重しがちな意識をも広げてくれるようだ。
実際足の裏には多くの神経が集まっていて、そこが司る情報量はとてつもない。そこに刺激を与えて活性化させることの効用は言わずもがなではないだろうか。

3ページ目につづく

瞑想法の一つでも、普段意識していない足の小指や内臓などに意識を向けることによって、その部分の活性化を求める。同様に、足裏を物理的に刺激したり、意識を向けることによって、そこの集まる神経が活性化され、地球との交換力が高まる。
活性化され、バランスが取れるということは、美容にも効果的で、くすんでいた肌や、かさついた肌も潤うだろう。気持ちの張りは、目の輝きを与えるし、その人が本来持っている美しさを取り戻してくれる。
健康や美しさは、新しく何かを求めることによって獲得するのではなく、本来持っているものを取り戻すものに違いない。

以前にも書いたことがあるが、電気は水と相性がいいので、朝露の残る葉を踏みつつ公園を散歩するのは理想的だ。夏ならば、露の冷たさはひんやりとして心地よいし、夏の朝の輝かしさは、早起きして通る価値がある。
日曜日に早起きして、最寄りの公園や草地に向かってはどうだろう。ビーサンをひっかけてふわりと朝に踏み出せば、その瞬間からアーシングが始まるというものだ。
理想を言えば、毎日でも裸足になって土に触れることができればいいが、せめて週一回はそういう時間が取れないものだろうか?
子供がいる人は、素敵なスニーカー以外にも、裸足を与えてほしい。小さい頃から裸足が最高のシューズなのだと覚えてもらいたい。小石や土を気にするかもしれないが、フラットな感触だけでなく、その不揃いな凸凹こそが、地球であることを足の裏で知ることは、脳に刺激を与え、育てることになり、知育と呼べさえするだろう。
なんとなくいつも体調や精神状態が優れない、すっきりしないという人は、裸足で数時間過ごすだけで、内側から自らの生命力がふつふつを湧き出してくるのを感じられるし、今日を生きることの喜びを思い出すだろう。
なんてこともないが、裸足にはそういう力があるのだ。

4ページ目につづく

雑草を抜いたり、ガーデニングの土作りなどで地球に触れると清々しいのは、アーシングになっているからだ。砂浜で裸足になって貝殻を集めて過ごす時間が、あんなにも清々しく、懐かしいのもアーシングの効用だ。
広い公園をグーグルマップで見つけて、バスや電車に乗って出かけていく。裸足になるために水筒とおにぎりと文庫本を持って出かけていく。きっと帰り道の自分は豊かに満たされているはずだ。小さな悩みや不調のあれこれも、不思議と静まり、消えたりしているだろう。ちゃんとした自分に帰ったからだ。
人類は夜空を見つめて、正座や暦を作り、大いなる世界に思いを馳せてきた。科学の進歩で、地球もその夜空の一部なのだと、ひとつの動き続ける星なのだということが分かった。要するに、私たちが今立つ場所も、宇宙の一部なのだと気付いた。
だが、その深淵ともいえる事実を、私たちはどこかに閉まったまま開くのを忘れがちだ。
裸足になって、地球とつながること。地球とつながっている意識を広げて、宇宙とつながっているという意識を戻すこと。わたしたちは、宇宙の一粒なのだと心に染み入ること。それを感じ取り、調和の中に入ること。それがアーシングなのだと思う。
自分の足の裏を宇宙に触れさせて、心を宇宙に広げてみる。物理的な行動範囲というのは、仕事先との往復、いつもの店、などわりと決まった範囲でしかないが、心は宇宙まで行ける。心の自由は身体の自由度を大きく超えて無限だ。宇宙の果てにまでだっていける。裸足になって目を閉じて、心を旅立たせる。遠く、遠く、自分が行きたい場所、空間、まで。その実感が得られたら、それは幻ではない。身体がそこにあることが全ての経験の担保になるとは思わない。心が行き着ける場所が経験の場所なのだ。
アーシングは、私たちの生きる場所を大きく、遠くまで広げてくれる。大きく呼吸することを気づかせてくれる。地球は、宇宙は、ここにあると、触れさせてくれる。
靴を脱ごう、靴下を脱ごう、裸足になろう。宇宙を歩こう。

(つづく)

※『藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」』は、新月の日に更新されます。
「#32」は2016年8月3日(水)アップ予定。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP