体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#31 アーシング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

人は服を着る動物である。
暑さ、寒さ、風と雨、その他、外から身を守るために、服を着るようになった。それと同じくらい当たり前に靴を履く動物でもある。
進化の途中で、どうして体毛が無くなったのかは知らない。知性を豊かにする一方で、身体的な強度を失っていったのはなぜだろう。きっと理由があるのかもしれないし、無いのかもしれない。
とにかく、現在の人類は、地球上で唯一裸で暮らさない生物だと言える。そしてそれは人類にファッションをもたらした。何を着るかが、何を食べるか以上に意味を持つという人がいるほどに、それは輝きを持っている。その一方でファッションに関しては無頓着な人も実は多い。安くてそこそこ見栄えがよければ、なんだっていい、という感じだ。
それは靴にしても同じで、人類は一部の人を除いて、身を守り快適さを維持することを主な目的として、着て、靴を履く。
だが、メリットとデメリットというのは大概の場面で共存する。服や靴で身体を守る一方で、世界を直に感じる機会を極端に減らしてしまったことで失ったものもあるに違いない。
守られている安心感がある一方で、それを脱ぐ時の自由さ。裸足で公園を歩く時の、あの気持ち良さ、開放感、満ち足りた感じ、幸福感。あれはいったい何なのだろう。
水着で海や川に入る時の、あの嬉しさ、高揚感、夢心地、あれもいったい何なのだろう。
服や靴を脱いで自然と接する時に、得る、多幸感。それは人類以外が常に感じているものに違いない。なにせ彼らは常に裸なわけだから。
大地や水に直に接すること。その当たり前を失って、おそらく一生のほとんどを服や靴に遮断されるということは、本来必要な感覚を麻痺させてないだろうか?また逆に遮断されることによって新たに獲得した感覚もあるのだろうか。私はいつの頃からかこういう疑問を持つようになって以来、時々は意識的に靴を脱いで裸足で歩くようにしている。草や土を足の裏で感じる時、私は家に帰るような懐かしさをいつも感じる。人類というカテゴリーを超えて、ひとつの生物として、屋根と壁を持たない家に帰宅したような、切ない懐かしさと、親の腕の中にいるような安心を覚えるのだ。

2ページ目につづく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイのノースを初めて訪れた時、優しく穏やかな笑顔を浮かべたサーファーたちの佇まいがとても印象的だった。自分も彼らのように優しい微笑みを浮かべて暮らせないだろうかと羨ましく思った。そんな彼らはアスファルトの道も、ハンバーガーショップでも常に裸足だった。
裸足でいることは、なんて自由なのだろう。ハワイでの滞在中にその真似をして過ごすと、それはビジュアル的なものだけでなく、実際に快適で体を奥から喜びがじんわりと染み出してくるのが、わかった。
幸せになるには、まず裸足の時間を増やすこと。私がハワイに教わった大切なことのひとつだ。
そして、同じことを感じている人は、世界にたくさんいる。
アーシングというヒーリングメソッドを聞いたことはあるだろうか?
冷蔵庫などの電化製品が漏電した場合、人間が感電しないようにアース線を通して地中に電流を落とすことをイメージする人は、かなりいい線いっている。
現代の一般的な生活は電気製品に囲まれている。それらの全てから強弱の差はあるが電磁波が出ていて、それは人間の健康に悪影響を与える。その悪影響をリリースすることがアーシングのひとつ目の効用であり、大地から直接自由電子を取り込んで、体に本来のバランスをもたらすというのが、第二の効用である。
地球上、宇宙に存在する電波、磁波、電子などを直に地球に触れることによって、上手にバランス良く取りこみ心身を健康に保つというのが、アーシングの基本的な考え方だ。
簡単に言えば、裸足になって草地や土に立つことによって、人間の体から不要なものを地球が受け取ってもらい、また地球からは足裏を逆に通って必要なものが体に入って来るということだ。
足の裏がドアとなって、地球と通じるという感覚は、脳の活動ばかりに偏重しがちな意識をも広げてくれるようだ。
実際足の裏には多くの神経が集まっていて、そこが司る情報量はとてつもない。そこに刺激を与えて活性化させることの効用は言わずもがなではないだろうか。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会