ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリンパス社スキャンダル報道時系列まとめ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年2月にオリンパス社長として抜擢された英国人マイケル・ウッドフォード氏は雑誌FACTAを通して過去の企業買収に問題があった可能性があることを知り独自に調査を開始。問題点について指摘しようとした矢先の10月14日、解任される。その後には菊川剛会長(元社長)が会長兼任で入った。しかしこの解任劇を受けオリンパスの株価は急落、10月26日には菊川氏も解任、高山修一専務が社長に昇格した。オリンパス社はマイケル・ウッドフォード氏解任の理由について「日本の企業文化になじめなかった」と主張している。もちろんそんな理由でわずか半年での解任などおかしな話なのだが、日本の大手新聞はしばらくその線に沿った報道しかおこなっていなかった。例えば経済紙である日経新聞においても当然内部ではこれら一連の出来事について把握していたものと推測されるがこのスキャンダルに切り込んだ記事は表に出てこなかった。ちなみに6月にオリンパス社の社外取締役となった来間紘氏は元日経新聞役員であり、元愛知テレビ社長という経歴も持つ。メディア対策とも言われるこの人事であるが果たしてなんらかの影響はあったのか。オリンパスをめぐるスキャンダル報道を時系列でまとめてみた。

■2011年4月1日
英国人マイケル・ウッドフォード氏が抜擢され社長に就任

■2011年7月18日(雑誌『FACTA』がスキャンダル報じる)
FACTA2011年8月号 – オリンパス 「無謀M&A」巨額損失の怪
http://facta.co.jp/article/201108021.html

■10月14日(マイケル・ウッドフォード社長解任)
オリンパスが2011年4月に社長に就任したマイケル・ウッドフォード氏を解任、取締役へ降格。解任の理由は独断で経営を進めたためと説明。後任は菊川剛会長
○毎日新聞
http://mainichi.jp/photo/news/20111014k0000e020021000c.html

asahi.com(朝日新聞社):オリンパス、英国人社長を解任=在任半年で―経営手法食い違い – ビジネス・経済
[時事通信社]
http://www.asahi.com/business/jiji/JJT201110140028.html

「日本人と違った」…オリンパスが社長を解職 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20111014-OYT8T00577.htm

■10月15日(海外紙の報道を受け、スキャンダルに触れる)
ウッドフォード氏は自身の解任の理由として、同氏が社長に就任した2011年4月以前に同社が行った企業買収に不適切な行為がなかったか調査したためだと語ったと、英フィナンシャル・タイムズが報じる
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111017ddm002020143000c.html

■10月17日(報道がより具体的になってくる)
オリンパス森久志副社長がアナリスト向け説明会を開催。ウッドフォード氏が解任数日前に菊川会長らの辞任を求めていたことを明らかに。ウッドフォード氏がメディアに社内情報を暴露したことを問題視
http://mainichi.jp/select/biz/archive/news/2011/10/19/20111019ddm008020117000c.html

■10月19日(オリンパス社が問題とされる買収についての説明をおこなう)
オリンパスは、英医療機器メーカーのジャイラス社買収に伴い、投資助言会社へ約6億8700万ドルを支払ったことを公表。買収の助言・仲介に対する報酬金額は2億4400万ドル。これにはジャイラスが発行した優先株約1億7700万ドルが含まれる。オリンパスは優先株の値上がり分として約4億4300万ドルを追加で支払い、優先株の取得総額6億2000万ドルは発行価格の3.5倍になった。

国内電子レンジ容器製造販売会社など3社の買収経緯も公表。2008年4月までに3社を約730億円で買収したが、2009年3月期決算で約560億円を減算処理したという内容
http://mainichi.jp/photo/news/20111020k0000m020083000c.html
http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2011/10/20/20111020ddm008020159000c.html

■10月21日(オリンパス社は有識者による第三者委員会を設置すると発表)
オリンパスは、ウッドフォード氏が不明瞭な資金の流れがあったと指摘している過去の企業買収について、弁護士や公認会計士など有識者で作る第三者委員会を設置することを発表
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111022k0000m020082000c.html

JBPress(2011年10月20日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)オリンパスが露にした日本の悪い面
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/26536

■10月26日(さらに社長交代)
オリンパスのジャイラス買収に伴う投資助言会社への支払いで、不適切な行為が行われた可能性があることを英米系監査法人が指摘していたと毎日新聞が報じる
http://mainichi.jp/photo/news/20111026k0000m020140000c.html

オリンパスは菊川剛会長兼社長の辞任を発表。後任は高山修一専務
http://mainichi.jp/select/person/news/20111026k0000e020086000c.html

■10月27日(新社長が会見)
オリンパスの高山修一社長が記者会見。ジャイラスと国内3社の買収の経緯、投資助言会社が、日本の証言会社出身者が代表を務めていたAxes社だったことを公表。報酬金額について不当に高額と考えていないという見解を述べる
http://mainichi.jp/photo/news/20111027k0000e020037000c.html

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

ニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル代表。東京産業新聞社代表。ハリウッドエンターテイメントビジネス誌『Variety Japan』Senior Editor。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP