ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンパクトに運んで現地で膨らます、心地良いアウトドア用エアソファーをガジェ通編集部で試してみました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

IMG_6237

ぐーたらライターのふかみんです。

BBQやキャンプなどアウトドアで心地よく過ごすグッズはたくさんありますが、もっともっとぐーたらに過ごしたい。そんなあなたのために、どーみても楽しそうな雰囲気の、「ふくらますソファーベッド」が登場。

しかしこれ、どうやって設置してどうやって使うんだろう。

写真みてるだけではピンとこなかったので、実際に実物を取り寄せてふくらませてみました。
正式名称は「AIRLIP’S(エアリップス) インフレータブル エアー ソファー」です。

IMG_6146

持ち運び時は、ソファーにしてはかなりコンパクトですね。
昨今はテントでもかなりコンパクトになるものがあり、それと比べてしまうと、サイズも重量も小さいとはいえませんが、この上でふわふわ寝っ転がれると思ったら許せる範囲です。

IMG_6154

基本的に「持って走って空気を送り込んでふくらます」というのが基本みたいです。実際にふくらませてみましたが、ガジェット通信のレビュースタジオ内でもふくらませることができました。もう少し広い場所だったり、風が吹いてる場所だったら簡単だろうなという気がしました。

IMG_6176

実際寝っ転がってみると、体の大きな人なら安定してゆったり寝てられます。

IMG_6302

体の小さな人は、ふくらませ方が足りないと、すっぽり中に入ってしまうことがあるようです。そこのところは、調整が必要ですね。

IMG_6256

アウトドアで、ふわふわした場所で寝っ転がれるのはかなり幸せです。リクライニングつきのチェアーや、簡易ベッド(コット)などもありますが、どちらもそれなりの重量でかさばります。それだとちょっと運ぶの大変だなぁ、という人は試してみるとよいかもしれません。

IMG_6221

なによりこれ、すごく目立ちますし、キッズ受けがすごく良さそう。本気で寝るというより、遊び感覚でふわふわ感を外で楽しめるというところが面白い商品だなと思いました。

(撮影協力:古街さん、杉並区の長田さん、周二郎探検隊さん)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信』

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。