体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

梅雨の靴の中はどうなっている? 乾燥剤についてエステーに聞いてみた!

01-2016-06-22 16.12.32_R

梅雨の時期、足元のジメジメ感やにおいの不快さは誰もが何とかならなものかと思っていることだろう。
玄関に脱いだ靴から出る玄関臭はこの時期は一層激しさを増す。

ところで先日、ムレない、におわないという高機能靴下の検証記事を書いた。

※参考記事
SUPER SOXって本当にムレないの?におわないの?記者が検証してみた!
http://getnews.jp/archives/1480603 [リンク]

この際に、エステー株式会社の協力を得て検証したのだが、その際にふと疑問がわいた。

02-2016-06-22 16.54.38_R

引き続き、エステーの研究施設での話だ。

ところで、靴下は確かにムレてないようだったが、果たして普通の靴下と比較して飛んで行った約10%の水分はどこに消えたのだろうか?
そんな疑問をぶつけてみた。

03-IMG_4541_R

対応してくれたのは、エステーの研究グループ高岳留美さんと、除湿事業部の河内ともみさん、それに広報部の平井芙美加さんの3名。(写真は河内さん)

「蒸発してしまったということもできますし、靴の中に残っているともいえます」

--梅雨の時期で外の湿度が高いと蒸発は難しいですね。

「そうですね。靴の中の湿度を計測してみればわかりますよ」

2016-06-22 18.55.42_R

ということで、計測した結果は92パーセント。間もなく靴の中で結露するような湿度だ。

--これをどう見ればいいのでしょう?

「高機能靴下の中は湿度が低くて履き心地がいいのですが、水分が消えてなくなるということはないので靴の中には残っているということでしょうか。靴を脱いだらよく乾燥させれば翌日も靴下の効果が発揮できるでしょうからいいと思いますよ」

--乾燥剤ですか?

「そうです。当社でも発売していますが、まず乾燥剤と言っても主に3種類あることを知ってください。まず、塩化カルシウムですが、部屋に置く水がたまる除湿剤ありますよね。あれですけど、自重の3-4倍の水分を吸ってくれるので大変優れた乾燥剤です。したがって広い範囲を乾燥させるのに向いていると言えます」

「次に、生石灰ですが、これは自重の30パーセントほどしか吸いません。水分を吸うと化学反応で発熱しますから、これを逆に使ったのがお燗(かん)機能付きのお酒や発熱機能のあるお弁当です」

「最後に皆さんよくご存じのシリカゲルは自重の50パーセントほどの水分を吸うことができます」

--今のお話ですと、最も吸ってくれる塩化カルシウムだけですべてをまかなうことができるようですが?

「ごもっともです。塩化カルシウムは冬の道路にまく凍結防止剤にも使われているように安価で優れた乾燥剤です。水分を吸うと少し熱を持ちますからそれで凍結を防いでいるわけです。しかし、ちょっと厄介な問題があります。部屋で除湿した後に容器にたまる液体がありますよね。あれは塩化カルシウムの水溶液で除湿した水分だけではありません」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy