ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、米国で症状検索を提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 6 月 20 日、モバイル検索で病名で症状を検索できる「症状検索」機能を数日中にリリースすると発表しました。症状検索は、「swollen joints(関節腫脹)」や「headache on one side(偏頭痛)」といった病名で検索を実行すると、キーワードにマッチした病気の一般的な症状をナレッジグラフのカードで表示する検索機能です。Google は検索の 1% が病気の症状に関連しているとして、ナレッジグラフカードでこれらのキーワードを検索しているネットユーザーを支援しようとしています。また、検索結果の情報が正確であることを確認するために、Google はハーバード大学医学部やメイヨークリニックの医師や専門家と提携して表示する検索結果を策定しています。症状検索はまずは米国の英語のみで表示されます。Source : Google

■関連記事
Samsung、Gear Fit 2で使用したCurved Super AMOLEDの改良点を説明
OnePlus、Dash Chargeドライバを含むOnePlus 3用のバイナリをリリース
スプレッドワン、不要になった物を譲渡できるAndroid用フリマアプリ「giftel」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP