体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『帰ってきたヒトラー』を“職業ドイツ人”マライ・メントラインさんはどう見た? 「ホンモノな問題提起」

マライ・メントライン

アドルフ・ヒトラー本人が現代によみがえったらどうなるか? そんな奇想天外な小説、ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』(河出文庫)は全世界で大ベストセラーになり、ついに映画化され、日本でも現在公開中です。笑っていいのか怖がるべきなのか、ある意味禁断の問題作ともいえる『帰ってきたヒトラー』。原作と映画両方について、NHKドイツ語講座でもおなじみの、“職業ドイツ人”マライ・メントラインさんにお話を伺いました。

【あらすじ】
1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーがよみがえった。しかも2011年のベルリン郊外に! 彼をそっくりさんのコメディアンだと思い込んだ周囲の人々が、TV番組に出演させたところ、思わぬ反響でたちまち大人気を博すが……。

帰ってきたヒトラー

―2012年に原作が出版された時、ドイツ国内ではどういう反応だったのでしょうか?

マライ・メントラインさん(以下マライ):全ドイツ人、当初、ちゃんと中身を確認する前に「えらいネタを投下したものだ!」という、いわば入り口の手前で大騒ぎしていた印象があります。その後次第に、「いやこれは単なるコメディではない!」「実際読んでみるとなかなかイケてるぞ!」という意見が出てくる一方、「そうは言っても根本的に不謹慎だろ……」という守旧的な立場から冷や水を浴びせられる、という循環パターンが生じました。それがどんどん拡大し、おもいっきり社会現象化して、マスコミで討論特集が組まれるまでに至ったのです。

―フィクションでそこまで大きな反響を呼ぶというのはすごいですね。

マライ:ナチス問題の中でもヒトラーはやはり別格の存在で、要するに、最大のホンモノのカリスマでした。だからこそ「お行儀よく」「政治的に正しく」糾弾される機会は多くても、「ヒトラーの本質とは結局なんだったのか?」という命題の中で自由に想像力を機能させることは、なんだか社会的リスクが高そうなのでみんな避けていました。それで自動的にタブー化していたところに、この本が「隕石のように落ちてきた」わけです。
で、「そうか、やればできるんだ!」という衝撃がドイツ人を震撼させた。それを前向きに受け止めるか否かは個人によって異なりますが、隕石のインパクト自体は全ドイツ人にとって等しいものだったはずです。一番重要なのはまさにその点でしょう。

―読み終わった時の率直な感想を聞かせて下さい。

マライ:「成功しかかった」ヒトラーが勧善懲悪的に潰されることで、無難にメデタシメデタシ……というラストかと思いきや、実際ぜんっぜん違ったので衝撃を受けました。というか、ホンモノな「問題提起」としてよくやってくれた! と思いましたね。もう、そろそろこのように危険地帯に踏み込んで思考を促すような作品が出てこないと、「戦後ドイツの倫理」を今後もちゃんと維持するのは難しいだろうと感じていたところなので……まあ実際、同様な問題意識を潜在的に抱えていたドイツ人は決して少なくないでしょう。そのニーズに深く適合した作品だから、一時的なブームではなく継続して社会的反響を呼んでいるんだろうな、という気がします。

あと直観的に感じたのが、この小説が、ドイツ社会の「内部視点」と客観的な「外部視点」の双方の絶妙なバランスに立脚していること。ひょっとして著者は……と見てみると、このティムール・ヴェルメシュ氏、やはりハンガリー出身の移民系ジャーナリストなんですね。それも、タブロイド紙の記者をやったりゴーストライターをやったり、ドイツの「知的業界」の裏表を知り尽くしている凄腕なわけで。だからこそここまで書けるんだな、と納得しました。そして単に知的に器用というのではなく、歴史や心理の本質についての知的洞察に優れている点がポイント。これが効いている。だからこそ、石頭なインテリ業界も本書の存在を無視できなくなったんだろうと思います。現代ドイツのディープな内政ネタが連発で登場するので、以前日本の雑誌で原書を紹介した時、そのまま翻訳すると日本の読者には厳しいかもしれないと書いたのですが、結果的には杞憂でした(笑)。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy