体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地獄の如くグツグツ! 激辛鍋! 「赤から」×「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」コラボメニューを食べてみた

赤から

長瀬智也&神木隆之介主演、宮藤官九郎監督最新作映画となる“地獄エンタテインメント”『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が、いよいよ6月25日より公開。人気の居酒屋「赤から」にて“鬼辛コラボメニュー”を7月10日までの期間限定で味わう事が出来ます。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」は監督・脚本を宮藤官九郎さんが手掛け、長瀬智也さん、神木隆之介さんら豪華顔ぶれが出演する地獄を題材にした話題の映画。「赤から」では、看板メニュー「赤から鍋」をはじめ、地獄っぽい激辛メニューが人気であり、今回のコラボが実現したそう。

コラボメニューは「鬼うま!地獄鍋」と「鳥地獄」の2種類。辛い物が三度の飯より大好きな筆者も早速食べてきました!

赤から

「鳥地獄」2本 390円
激辛味噌ダレに唐辛子をまぶした“鬼辛!”オリジナルの手羽先。鶏の旨味と辛味がクセになる味わいです。

鍋を注文し、煮えるのを待つ間に「鳥地獄」をパクリ。サックリ揚がった手羽先にコクと旨味たっぷりの味噌ダレが絡み、そこに大量の唐辛子が。

IMG_4198

お店の方に追加おしぼりをいただけるので、ダイナミックに手で掴んでムシャムシャしましょう。一口食べて即体が発火する様な辛さ! 味がガツンと濃いのでビールが進む、進む! 鮮烈な辛さですが、科学的なイヤな辛さでは無く、かなり病み付きに。辛いけど食べたい、辛いけど食べたいと2本くらいペロリといけました。

赤から

ヒイヒイ言っている間に、鍋が完成しました!

「鬼うま!地獄鍋」1人前 1,280円
「赤から」の看板メニュー「赤から鍋」に手羽先と鶏モモ肉、丸ごとトマトを加えたボリューム満点のオリジナルメニュー。辛さは「激辛地獄」→「獄辛地獄」→「鬼辛地獄」の3段階をご用意しました。

グツグツ煮える鍋の中に真っ赤なトマトが浮かんでいるのが地獄感満載。

赤から

「激辛地獄」この中では一番辛さ控えめといっても、おなじみの「赤から鍋」の“赤5番”の辛さなので、十分辛いんです。

赤から

とはいえ、味噌の甘みをしっかり感じられるスープなので、女性にもオススメですよ。

赤から

つづいて「獄辛地獄」。「激辛地獄」よりも甘みが抑えられ、ストレートな辛さがサッパリとした印象。辛さはもちろんアップしているので、辛い物好きならトライしたい一品。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy