体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【6/20閉店】またひとつ高田馬場で巨星堕つ! 二郎インスパイア系ラーメン『用心棒Ⅱ階』

IMG_9238-s

ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは高田馬場の早稲田通り沿いにある「用心棒Ⅱ階(ようじんぼう にかい)」。

ランチレポ:用心棒Ⅱ階

ラーメン超大国日本における屈指のラーメンバトルフィールド・高田馬場。筆者は中高大と高田馬場に通学し成長したので、その歴史の一端を常に垣間見てきた自負がある。盛者必衰の理を表さんとばかりに、多くの店が生まれ、消えていった。中でも衝撃的だったのが、2013年3月のラーメン二郎高田馬場店閉店。移転前より足繁く通っていた店であり、学生タウン高田馬場にはなくてはならない存在で、閉店後は三田本店を有する某KO大学に負けた気分にすらなったものだ。

しかし!

同年4月。早稲田方面へ向かう早稲田通りに、転生したかの如く二郎インスパイアの店が生まれた。それが「用心棒Ⅱ階」だ。場所は天下一品の上階という極めて挑戦的な立地であるにも関わらず、瞬く間に学生の間で話題に。清潔で広々した店内が特徴的な、実に“気持良くガッツリ食べれる場所”だったのだ。ラーメン特区の高田馬場にはもちろん多数の所謂「二郎インスパイア系」が存在したが、筆者的にはこの「用心棒Ⅱ階」が頭一つ抜きん出ていたように感じる。

突然の悲報


そんな折、後輩からとある事実を知らされる。突如として閉店が公式ツイートされたのだ。閉店日は2016年6月20日(月)。高田馬場二郎なき今、最後の頼みの綱感あっただけに非常に残念であるが、高田馬場ではさして珍しい事ではない。とにかく残念だけど、折角だしランチに行こう

IMG_9245-s

■ランチタイム: 11:15~14:45 無休
■アクセス: 高田馬場から徒歩10分

IMG_9233-s

ランチ時は麺増量か小ライスが無料。

たべたもの「ラーメン豚あり(ランチ)+豚1枚」

IMG_9239-s

こんもりと盛られたニンニクと辛ショウが仲良く並んでいる様子が可愛い。そびえるはアブラを冠に戴いたシャキシャキ野菜の山。麓には形の良い豚。

■たべたもの: ラーメン豚あり(ランチ)+豚1枚トッピング
■値段: 730+90=820円
■内容: ラーメン豚中盛350g(野菜マシ、ニンニク、アブラ、辛ショウ)
■たべた日時:2016年6月15日水曜日14時40分入店

ランチ終了時を見計らって入店したが、前方には10名程先客が並んでいた。結局、約30分程並んだ。流石の人気っぷりだ。

1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。