体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人もOK! ゲーム感覚で学べる中学・高校生向けプログラミング教育サービス無料体験版公開 年内に『進撃の巨人』コラボも

MOZER_Webデザインコース体験版①

プログラミング教育の必修化が進む中、中学生・高校生向けのプログラミング教育事業を手掛けるライフイズテック株式会社が、ゲームのように楽しみながら学べる、日本初のオンラインプログラミング学習サービス『MOZER(マザー)』を開発。無料体験版が6月15日より公開された。人気マンガ『進撃の巨人』とコラボしたサービスのリリースも決まっている。

※すべての画像・動画入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1477056[リンク]

ライフイズテックは元々、有名大学と連携したプログラミング・ITキャンプを行ってきており、参加者は国内No.1で延べ15,000人を突破。世界でも2位の規模となっている。プログラミング・ITキャンプは、スマホアプリ、ゲーム、アニメーション、デザインなど興味のあるコースを選んで、中高生が5日間ほどの短期集中型で最先端のIT技術を学べるプログラムだ。

今回、開発を発表した『MOZER』は、今までプログラミング・ITキャンプに通って学んでいたものを、オンライン上で学べるようにしたサービス。しかも、ゲーム感覚で楽しくプログラミング技術が身につく工夫がされている、エンタメ型インタラクティブ教材となっている。

10

開発担当者は『ソニック・ワールドアドベンチャー』(セガ)や『FINAL FANTASY(ファイナルファンタジー)』シリーズに携わってきた、元スクウェア・エニックスCTOの橋本善久氏。超人気ゲームを生み出してきた人が作ったのなら、ゲームとしても面白そう!

また、初心者はもちろん、大人でも学べる内容となっているというので、「プログラミングって難しそう……」と思っていた人も、足を踏み入れるチャンス!

『MOZER』の世界に住むキャラクターと一緒に学ぶ

1

『MOZER』の世界にはオリジナルキャラクターたちが生活しており、その世界にユーザーもアバターを選んで参加するところからスタート。

2

『MOZER』の住人たちの相談を受けたり手助けすることが、プログラミングを学ぶことに繋がっている。

3

難しいように思えるプログラミングも、アドベンチャーゲームを進めているかのような感覚で学ぶことができるのが一番のポイント。キャラクターも可愛らしく親しみやすい。

MOZER_Webデザインコース体験版①

現在公開されているのは、<MOZER Webデザイン学習コース体験版『デイジーと秘密のメッセージ』>

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。