ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルユニットdropメジャーデビュー決定! 滝口ひかり「皆で一緒に頑張って行きたい」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


三嵜みさと、滝口ひかり、大場はるか、そして今年の5月に加入したばかりの小日向麻衣と小泉留菜の5人によるアイドルグループdropのメジャーデビューが決定した。6月14日(火)TSUTAYA O-EAST渋谷で開催されたライブイベント『FORCE MUSIC LABEL PARTY』にて発表された。

dropは、日本ツインテール協会プロデュースのもと、2014年に結成。中でも滝口ひかりは、”2000年に一人の美少女”としても話題になった。

今回のメジャーデビュー決定に際し、メンバーからのコメントも到着した。

<三嵜みさと>
メジャーデビューは 不安ばかりです レーベルの評判や dropの落ちかた 結局売れなきゃ 何にも意味ないんだなって 染み染み感じました でもこの2年間ずっと夢だった PVが作れてテレビで流れたり タイアップをとれる可能性もできて それなら私は幸せです あと、どんなことがあっても dropをつくって 私をダメな世界から救ってくれた完さんに dropをあきらめないでほしいって思います わたしはがんばりたいです

<滝口ひかり>
今回メジャーデビューをさせていただくことになりました。とても嬉しいです! 最初にメジャーデビューのお話をいただいたときは、率直な感想、ファンの方はどう思うだろうか、でした。しないほうがいいのではないかと考えた時期もありましたが、やはり私は皆さんと一緒に夢を追いたいという気持ちが強くあって、そこからはメジャーデビューをしたい想いがどんどん膨らんでいきました。 これから、大変なこと、楽しいことたくさんあると思いますが皆で一緒に頑張って行きたいです! 目指すからには一位をとりたいです。 皆さん、これから宜しくお願いします!死ぬ気で頑張ります!

<大場はるか>
絶対にdropで売れます。 絶対にヲタクのみなさんを幸せにさせます。 よろしゅうお願いいたします。にやにや。

<小日向麻衣>
dropに加入して2ヶ月。大好きなdropのメンバーになった事は、未だに不思議な気持ちです。dropになってからは初めての事だらけで右も左も分からず、そんな中メジャーデビューが決定して、正直まだ実感がありません。全国のCDショップに自分達のCDが並ぶと思うとすごくワクワクするし、沢山の人に手に取ってもらってdropを知ってもらえたらなと思います。これからも自分らしく全力で頑張ります!

<小泉留菜>
紫担当の毒属性、るなちこと小泉留菜です!dropに加入してから間もない私ですが、メジャーデビューさせていただくという夢のようなお話がきてとても嬉しいです!メジャーデビューという世界、本当に憧れでした。いろんな景色が待っていると思うとワクワクドキドキな気持ちです。これからもdropは走り続けるのでサクマーさん、毒民のみんなと前へ進みたいです!そして、これからも毒されに来てくださいっ!やあ。

『drop』は、FORCE MUSICより2016年8月16日(火)リリースのシングルにて待望のメジャーデビューを果たす。

商品情報

dropメジャーデビューシングル「タイトル未定」
QAFC-11001~11006(Type-A~F)
価格:各1,000円(税込)
発売元:FORCE MUSIC Inc.
販売元:Columbia Marketing Co.,Ltd.

dropプロフィール

日本一美少女に精通する日本ツインテール協会プロデュースの5人組アイドル。
メンバーは、お絵描きが得意でその作品がヴィレッジヴァンガードで商品化されるなどサブカル脳の持ち主、リーダー三嵜みさと(属性|炎)。
伝説のジュニアアイドルとして活躍したものの、その後は自宅警備員として悶々とした日々を過ごし、2014年8月にdropに途中加入した合法ロリのドルオタ大場はるか(属性|自然)。
そして2015年春に“2000年にひとりの美少女”としてバズり、TVやメディアから引っ張りだこの全力少女、滝口ひかり(属性|水)の3人。
2015年の8月に初期メンバーの杉野静香(属性|雷)が惜しまれつつも耳の病気で卒業、以降は3人で活動。
2016年5月1日に新メンバー、小日向麻衣と小泉留菜が加入。
キャッチフレーズは「脳を焼くアイドル」中毒性のある楽曲で世界をキュンさせます。

dropオフィシャルサイト
http://drop-collet.com/

※画像はすべて公式提供のもの

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 櫛名凌) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP