体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本のオタテク】 未来キター! ふわりコロコロ防衛省が開発した世界初の球形飛行体

未来キター! ふわりコロコロ防衛省が開発した世界初球形飛行体

10月20日(木)~22日(土)に日本科学未来館で開催されていた『デジタルコンテンツエキスポ』で、SF映画に出てくるような球形飛行体のデモンストレーションが行われました。この飛行体は空を飛ぶことはもちろん、陸上を転がりながら進むこともできるとのこと。『スター・ウォーズ』に出てくる偵察飛行体みたいな感じ? 飛ぶけど床も転がるってどういうこと? 未来っぽさにワクワクしながら会場へ向かいました。

すべての写真をごらんになりたい方はこちらからどうぞ

この飛行体を開発したのは防衛省。開発者の佐藤文幸氏はお一人でこの球形飛行体を作り上げました。無人偵察機の仕事でおしりから着陸するテールシッター機の研究をしていた時に着陸の難しさをなんとかできないかと考えていたことから、この飛行体を球形にするアイデアにつながったそうです。

防衛省というとお堅いイメージがあったので、こんなユニークなものを作っているとはと驚きです。“球形にすれば着陸が楽になり、そのまま地面を回転移動できるのではないか”というこのアイデアは、さすがに奇抜で、当初誰も信じてくれなかったそうです。そこで、実際に動くものを見せようと模型を作ったとのこと。

模型といえども材料は秋葉原やインターネットで手に入るものばかり。防衛省であれば、もっとお金をかけられるのではという気がして、そのあたりをうかがってみました。

佐藤氏:浮くためのプロペラは高性能のものでなくてもプロペラとして機能すればいいですし、モーターもモーターとして機能すればいいだけであって、あとは自分の要望する形のものであればということで発泡剤をカッターナイフで切ってくっつけていくという作業でできあがりました。どうやって離れたところでこれを操作するのか、自動で飛ばすのか遠隔で操作するのか、そういったことについてはお金をかければいいという話ではないんです。

と、今後の研究についてもムダなコストをかけるつもりはなさそう。なんだか好感が持てます。

球形飛行体デモンストレーション

実際にデモンストレーションを見てみました。佐藤氏がリモコンを操作すると、フワリと浮き上がった機体が滑らかに上空を移動していきます。摩擦を利用して壁にくっつくことも、急上昇することも、そして床面をコロコロ転がって自在に移動することもできます。動きがなんだかかわいいくて、思わず名前をつけたくなりました。

デモンストレーションの模様は、こちらの動画をご覧ください。

未来キター!防衛省開発の球形飛行体『ニコニコ動画』
http://www.nicovideo.jp/watch/so15941092

この飛行体を作る上で、どの点に苦労されたかを訊いてみました。

佐藤氏:この飛行体が離陸するには上を向く必要があります。そのためには起き上がりこぼしのように重心位置が下に設定されていなければならないのです。ところが飛行機というのは重心位置がかなり前にないとまっすぐ飛ばない。それを両立させるのは非常に難しくて、その点も世界的には非常にめずらしいものです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。