ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、スマートフォン接続に対応したヘッドマウントディスプレイ「DN-913904」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋は 6 月 10 日、フル HD 画質の 80 インチ仮想モニタを実現する HDMI 接続のヘッドマウントディスプレイ「DN-913904」を発売しました。価格は 19,499 円(税込み)です。DN-913904 は、ゴーグル型のヘッドマウントディスプレイで、HDMI / MHL に対応したスマートフォン、Miracast ドングル、Chromecast などを接続して使用します。これを使うと、スマートフォンの画面を有線 / ワイヤレスで装置内のディスプレイに表示することができます。投映サイズは 80 インチ大と言われているので、シアターで鑑賞しているような感覚になることでしょう。DN-913904 はバッテリーを内蔵しており、約 5 時間の連続使用が可能だと言われています。Source : 上海問屋

■関連記事
Meizu MX6のパッケージデザインが流出
Google、一部のAndroidユーザーにGoogle検索から電話発信やメッセージ送信をダイレクトに実行できる機能を提供
Moto Z用「OneCompute」はMS ContinuumをAndroidで実現するMoto Mods

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP