ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【泣かされた】映画の結末を変えられるか!? 斬新すぎるメタホラー『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』ワンコイン上映[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


劇場公開されずにDVDスルーとなりながら、口コミでじわじわと人気が広がり、ホラーコメディなのに「泣かされた!」と評判の映画『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』をご存知でしょうか。この作品は現在、新宿シネマカリテで定期開催されるワンコイン上映企画『オトカリテ』にて、6/11より一週間限定で上映されております。(鑑賞料はたった500円!)

かつて伝説的なスラッシャー映画『キャンプ場の殺りく』に出演した女優を母に持つ主人公・マックス。美しく優しい母を事故で亡くした傷が癒えない彼女でしたが、映画の大ファンである友人が企画した『キャンプ場の殺りく』の上映に招かれ、スクリーンで愛する母と再会します。しかし、劇場内で火事が起こり大パニック。マックスと友人らは裏口から脱出するべくスクリーンを切り裂くと、激しい光に包まれた彼らは『キャンプ場の殺りく』の映画の世界のなかで目を覚ますのでした……。

彼らの前に現れる映画の登場人物たち。映画のストーリーを邪魔しないようにキャンプ場の手伝いをするマックスたちでしたが、順調にストーリーが進めば、マックスの母親は“男とセックスしようとした”ばかりに殺人鬼に殺されてしまうのです。母を失う悲しみに耐えられないマックスは、“セックスすると殺される”法則を邪魔しようと試みます。果たして彼らは映画の結末を変えられるのか、そして、映画の中から抜け出せるのでしょうか?

タイトルの“ファイナル・ガール”は、スラッシャー映画で最後まで生き残り、殺人鬼にとどめをさす少女のことを指しています。“映画の世界に入りこむとどんなことが起こるのか”という面白さ、“それが映画であることを知っている人たちが展開を変えていく”という面白さはあまりにも斬新。そして、ゲラゲラ笑わされながらも、母娘の愛と人間的な成長を描いたストーリーには胸がいっぱいになってしまうこと必至です。また、『キャンプ場の殺りく』は『13日の金曜日』をモチーフとしているので、併せて観ると面白さも倍増いたしますよ。

『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』、是非ともスクリーンでお楽しみください。決してスクリーンを切り裂いて映画の中に入ろうとしてはいけませんよ! また、DVDも現在販売&レンタルもしておりますので、劇場に足を運べない方はそちらもどうぞ。

―オトカリテ Vol.19―
『ファイナルガールズ 惨劇のシナリオ』
上映期間:6月17日(金)まで
上映館:新宿シネマカリテ 公式サイト:http://qualite.musashino-k.jp/[リンク]

DVD:¥3800(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C) 2015 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All Rights Reserved.

[画像:予告編より https://www.youtube.com/watch?v=OA_Y5xn261A]

ホラー映画情報、ホラー系エンタメニュース『ホラー通信』:http://horror2.jp/

カテゴリー : 動画 タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP