ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モスがホットドッグのソーセージを25%増量!実際に買って計ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月末にモスバーガーがホットドッグをリニュアルしたので、その前後を比較してみた。

お値段そのまま

食品や日用品で「いつもより1個増やしてお値段そのまま!」なんてアピール文句を見かける。

意味合いとして値下げとほぼ同じながらも、値下げをすると再び値上げ(元の値段に戻っただけなのだが)した際に、消費者が抵抗を感じることがある。

それに比べて値段据え置きの増量は、量を減らした(戻した)時に感じる抵抗が少ないように思う。もっとも値段ほど量に敏感な人は多くなさそうなので、単に忘れてしまうだけかもしれないが。

モスバーガーでは、5月末に『ホットドッグ』(320円)、『チリドッグ』(350円)、『スパイシーチリドッグ』(380円)のリニューアルを行った。

同社の発表によると、‘ソーセージの重量を約25%増やし、より食べ応えのある商品に仕上げ’るとともに、ホットチリソースを‘豆類や牛ミンチ肉などからコクと旨みを引き出し、8種類のスパイスで辛さに奥行きを与え、味の深みが増した新しいソース’に変更したとある。

しかも値段はそのままだ。

リニューアル前は?

そこでリニューアル前後を比べてみたくなった。

在庫の関係もあるのか、‘5月24日までに順次切り替え’と発表しているため、カップ麺のように前後をそろえて食べ比べるのは困難。そこである程度の余裕を見て購入し、写真を撮っておいた。

買ってきたのは『チリドッグ』。リニューアル前がこちら。

総重量は131.6グラム

ソーセージは58.4グラム

持ち帰ったので崩れていたり、抜き取ったソーセージにソースがついていたりして見苦しい点はご容赦を。こうしてソーセージのみを取り出して眺める機会はめったにないが、なかなか立派な大きさだ。

メニュー写真は?

ではリニューアル後…と行く前に、メニュー写真を比較してみよう。

ちょっと変わっている感じがあるものの、見比べてもはっきり「大きくなった!」とは分からない。

リニューアル後のメニューに付いている※は、このため。

リニューアル後は?

リニューアル後の『チリドッグ』はこちら。

総重量は139.6グラム

ソーセージは73.8グラム

ソーセージの重さを比較すると約26%アップ。会社発表では‘約25%アップ’なので、間違いなかったことになる。

気になるのは…

そこで気になるのが総重量。

ソーセージが15.4グラム増えた一方で、総重量が8グラムしか増えていないとすると、ソースやパンを減量したことになる(たまたまこの1つにミスがあったとかでない限り)。

今回のリニューアルで、ホットチリソースにも手を加えているため、レシピを変えた(ソースの量を減らした)のだろうか。写真を見比べると、何となくソースの量が減っているようにも感じる。

ちなみにリニューアルの前後で、味は変わったような変わらないような…。ただリニューアル前後ともにおいしかったのは間違いない。

モスバーガー「ソーセージを約25%増量し、食べ応えアップ『ホットドッグ』商品3種類をリニューアル」
http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_160425_4.pdf

※写真は全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP