体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモ冬春モデル発表会 スマートフォン版iモード『dmenu』などサービスと料金プラン発表まとめ

ドコモ冬春モデル発表会 スマートフォン版iモード『dmenu』などサービスと料金プラン発表まとめ

NTTドコモは10月18日、2011~2012年冬春モデルの新製品発表会を開催しました。Androidスマートフォン13機種の発表については既にお伝えしていますが、発表会ではサービス面でも、従来の携帯電話向け『iモード』のスマートフォン版となる『dmenu』、ドコモ独自のコンテンツマーケット『dmarket』が発表されたほか、『iコンシェル』のスマートフォン対応、LTEスマートフォン向け新料金プランが発表されました。

「スマートフォンの世界に、ドコモの新しいチャレンジ」として代表取締役社長の山田隆持氏が発表したのが、スマートフォン版『iモード』の『dmenu』と、コンテンツマーケット『dmarket』。

700社参加でスタートする『dmenu』

『dmenu』には700社が参加

ドコモは以前から携帯電話の『iモード』をスマートフォンでも利用可能にすると明言していましたが、正式名称を『dmenu』として11月中旬に開始することを発表しました。冬春モデルのスマートフォンにはホーム画面にショートカットを設置。従来製品では『ドコモマーケット』のショートカットから利用可能になります。

開始時には既に『iモード』でサービスを提供している700社、約3600サイトが参加。『iモード』でサービスの登録をしているユーザーがスマートフォンに機種変更した場合、そのまま『dmenu』でサービスの引継ぎが可能になります。

参加企業が『dmenu』上のサービスを紹介

バンダイナムコゲームスの米澤弘樹氏

発表会ではゲストとして、『dmenu』でサービスを提供するバンダイナムコゲームスの米澤弘樹氏が登壇。『dmenu』に提供する3サービスを紹介しました。

『ナムコ・ゲームス』

最初に紹介したのは、11月中旬に開始する『ナムコ・ゲームス』。過去の名作ゲームやスマートフォン用にアレンジした新作を遊べるゲームサービスで、提供予定のゲームとして、11月中旬に配信予定の『塊魂モバイル+(プラス)』、来春配信予定の『PAC-MAN Championship Edition DX』が紹介されました。

『SIMPLE 100シリーズ』

続いて、11月中旬に開始する『SIMPLE 100シリーズ』。子会社であるD3パブリッシャーが運営する、iモードの人気ゲームサービスです。提供予定のゲームとして、11月中旬に配信予定の『THE 大富豪』、11月下旬に配信予定の『THE 麻雀パズル~二角取り~』が紹介されました。

『きせかえ/マチキャラ』

最後に、2012年1月以降に開始予定の『きせかえ/マチキャラ』を紹介。スマートフォン用のきせかえテーマを提供するサービスで、『機動戦士ガンダム』『キティ&チャーミー』『セサミストリート』などのテーマの配信を予定しています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。