ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

職人が作るタンブラーがすごい!『磨き屋シンジケート 2重ビアタンブラーダイヤモンド』で夏に向けて美味しいビールを飲もう!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビールタンブラー3

時間が経ってもクリーミーな泡立ちが持続する、ビールを飲むのに最適な『磨き屋シンジケート 2重ビアタンブラーダイヤモンド』を編集部で入手。いつものビールがもっと美味しくなるその秘密とは……? さっそく編集部スタッフにてレビューしてみました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 フヅキ)

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1465572[リンク]

なめらかな口当たり……その秘密は“磨き”にあった!?

ビールタンブラー1

高級感のあるダイアモンドカットの見た目が美しいビアタンブラー。冷たいものを注いでも水滴がつきにくく、熱も伝わりにくい2重構造となっており、夏も冬も季節問わず使いやすい製品です。350ml缶が1本入るスタンダートサイズでビールも飲みきりやすい!

ビールタンブラー2

従来の金属製マグカップの内面は、ヘアライン仕上げや未研磨などによりザラザラしており、ビールを注ぐと泡だらけになって、炭酸ガスがすぐ抜け、風味も残っていました。
『磨き屋シンジケート』のタンブラーは、内面がミラー仕上げとヘアラインのコンビネーションになっていて、それにより時間がたってもビールの美味しさを引き出すクリーミーな泡立ちが持続するそうです。

ビールタンブラー3

『磨き屋シンジケート』とは?

伝統と歴史ある金属加工の街“燕”が生んだ、あらゆる金属を思いのままに磨き上げる金属研磨のスペシャリスト集団です。
新潟県中心部に位置する“燕市”。布津区は江戸時代から和釘生産に端を発した燕市は、金属加工の産地として栄え、今も技術は親から子へ、子から孫へと受け継がれ、日々金属加工技術の進化を遂げています。

その伝統と歴史ある金属加工技術の中でも、金属製品をより美しく魅せるのが“研磨”です。
『磨き屋シンジケート』は、その金属背品の表面をひとつひとつ魂を込めて磨き上げることで、その製品本来の美しさや価値観を見いだし“職人の技、熱意”を“カタチ”に変え、発信し続けることを目指した産業プロジェクトです。

ビールタンブラー4

たしかに泡がいつものガラスカップに注ぐよりなめらかで持続します。

ビールタンブラー5

ビールが大好きな弊社の記者にもこちらのビアタンブラーで飲んでもらいました。

ビールタンブラー7

「うちにも2重構造のタンブラーがあるのですが、それよりも更に高級感がある見た目にまず惹かれました! なにより泡が凄くきめ細かくて、クリーミーです。あと口に当たる部分がすごくなめらかで、飲みやすい! 細かなところに職人さんの技を感じました」

ビール以外にも2重構造ということで、お湯割りや、キンキンにひやしたサイダーなど、色んな飲み物がおいしく飲めそうですね。『磨き屋シンジケート 2重ビアタンブラーダイヤモンド』は“AppBank Store”でも取扱中、暑くなってくるこれからの時期、このタンブラーで美味しいビールをお楽しみください!

製品仕様/技術仕様

■材質:18-8ステンレス(各0.6mm)
■製品寸法:全幅72mm、全高128mm、重量205g
■満水容量:370ml
■箱寸法:165×110×80mm
■箱入重量:320g
■同梱物:本体のみ

サポート情報

株式会社ヨシカワ
お問い合わせ先
http://www.yoshikawa-group.co.jp/kitchen/contact/
販売元:ヨシカワ
UPC/JAN:4979487911924

通販サイト

磨き屋シンジケート 2重ビアタンブラーダイヤモンド
https://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=27089[リンク]

フヅキの記事一覧をみる ▶

記者:

少女漫画やお菓子が大好きオタクです。生放送のお手伝いとか。 https://twitter.com/hudukimiyu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。