体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本映画よ表現の規制を超えていけ! “攻める邦画”まとめ2016初夏

日本で一番悪い奴ら

今年、規制にとらわれない“攻める邦画作品”が立て続けに公開されています。これまで、暴力や過激な描写の作品といえば韓国映画を連想するが、日本映画界においても近年その勢いは増すばかり。

園子温監督、三池崇史監督の作品を筆頭に、最近では、花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー作品『アイアムアヒーロー』が大ヒットし、同作は世界各国で映画賞を総なめにするなど話題となっています。一方で『先生を流産させる会』、『ライチ光クラブ』などでメガホンを取った内藤瑛亮監督や東京フィルメックスで話題を集め、7月30日に公開が決定した『クズとブスとゲス』の奥田庸介監督、本物の不良を起用したことでも話題となった『孤高の遠吠え』の小林勇貴監督などといった若手監督たちの活躍からも目が離せません。

特にこの5、6月は“攻める邦画”がザックザク。現在公開中の作品から、公開待機作品まで、オススメ映画をまるっとピックアップ。

ディストラクションベイビー

『ディストラクション・ベイビーズ』公開中

『イエローキッド』『NINIFUNI』などので知られ本作で商業映画デビューとなる真利子哲也監督が手掛けた若者による群像劇。愛媛県松山を舞台に、若者たちの欲望と狂気を描く。暴力にとりつかれた主人公には現在、TVドラマ『ゆとりですがなにか』や数々の映画作品で独特なオーラを放つ柳楽優弥が扮し、ほとんどセリフのない難役を演じ切っている。さらに共演には『共喰い』などの菅田将暉、『渇き。』などの小松菜奈、『2つ目の窓』などの村上虹郎ら今をときめく若手俳優たちが出演している。

(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

シマウマ

『シマウマ』公開中

小幡文生のベストセラーコミックを実写化したクライムムービー。依頼者が抱く恨みをさまざまな方法で晴らす回収屋となった青年が、裏社会で活躍していく姿を追う。メガホンを取るのは、『王妃の館』などの橋本一。主人公ドラ役には今最も注目を集める若手俳優・竜星涼が勤め、苛立ちや焦燥感を抱えながら裏社会で生きる“ダークヒーロー”を体当たりで熱演している。回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカに須賀健太、同じく回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌに日南響子、回収屋を取り仕切るに包まれた“ボス”の男・シマウマに加藤雅也、その他にも、高橋メアリージュン、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二、福士誠治など、一癖も二癖もある面子が脇を固めている。ワケありクセありのキャラクターにふんした彼らの力演に加え、人間の心の闇を深く見つめたストーリーにも注目。

(C)2015 東映ビデオ

ヒメアノ〜ル

『ヒメアノ〜ル』5/18公開

森田剛が映画初主演作として狂気の連続殺人鬼を務め、そのリアリティを追求した衝撃描写ゆえ【R15+】指定となっている問題作。「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実の同名コミックを『さんかく』、『銀の匙 Silver Spoon』などで知られる吉田恵輔監督が実写化。先月4月22日にはイタリアのウディネで開催された第18回ウディネ・ファーイースト映画祭で喝采を集めた本作は容赦ない描写を体言する森田剛と、森田演じる殺人鬼に狙われることになる、濱田岳、ムロツヨシ、佐津川愛美演じる若者たちのコミカルな恋愛劇とのギャップが異様な緊張感を生み出す本作。ふたつの世界が交じり合い、緊迫感溢れるシーンの連続にこれが映画初主演となる森田剛のキレキレのサイコパスっぷりは必見!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy