体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】史上最強の旨さを誇る“豚の生姜焼き”を発見したので報告したい @『キッチン竹乃子』

takeno-haru022_R

ガジェット通信の“秋葉原制覇”と言う事で、どんどん体重が増える一方の筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「正直、どこまで秋葉原なのか分からなくなって来た件の是非」

まあ、そこはキッチリと決めないでなんとなくJR秋葉原駅から徒歩圏内なら、とりあえず制覇しちゃって良いんじゃないでしょうか?

というわけで、今回は秋葉原かどうか微妙ってか多分違うんだけれども、ぶっちゃけ筆者の好みの店なので紹介しちゃうぜHEY!みたいな感じで行ってみましょう。

真の秋葉原通なら『キッチン竹乃子』一択である!

takeno-haru000_R

まあ、言うほど秋葉原に詳しくない筆者ですが、どうしても秋葉原周辺で最高の店を出せと言われたら、この『キッチン竹乃子』を出しますね。

まず歴史を感じさせる店の外観が素晴らしい予感です。

takeno-haru021_R

ちなみに『キッチン竹乃子』は筆者のグーグルマップには登録されて居なかったのですが、別な店に向かう途中に発見しました。

takeno-haru020_R

何故、その交差点で目的地と違う方向に視線が向いたのかは謎ですが、この『キッチン竹乃子』の放つコスモに惹きつけられたと言っても過言ではないでしょうか?

しかし!

店の近くに来ても本当に営業しているのか不安になってしまいます……。

この手のインスピレーションに導かれて行ってみたら、数年前に廃業してたってパターンが最近は多いので、今回も恐る恐る近づいてみた筆者です。

takeno-haru001_R

するとどうでしょう?

まさかの営業中で御座います。いや、昼時なので営業していてもおかしくないのですが、この外観で営業してるとか奇跡に等しいので、逆に驚いてしまう要素はあると思います。

メニューの自由度が謎に高い『キッチン竹乃子』

takeno-haru003_R

ぶっちゃけ、非常に怪しい外観なのでまずは店の外に貼ってあるメニューを見て探りを入れます。何種類かを組み合わせて、自分の好みのランチに仕立てるセミオーダーメイドスタイルでしょうか?

takeno-haru005_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy