ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有毒性なし・環境に優しい安心素材で出力する“子ども向け3Dプリンター”「MiniToy 3D Printer」が大人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dプリント全盛期の今、子ども向けに特化した3Dプリンター「MiniToy 3D Printer」が、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集している。

・子どもが使いやすいよう、さまざまな配慮

3Dプリントの技術を子ども世代にも開く一方、非常にシンプルな使用方法に加え、安全性にも配慮されているのが特徴だ。PCやスマートフォンと接続して、専用アプリから操作ができる。

本体はすでに完成形に組み立てられて手元に届けられるので、子どもでもすぐに使える。それをPCまたはiPad、iPhoneと接続し、プリント素材となるフィラメントスプールを本体にセット。あとはアプリの指示に従ってタップするだけ。

本体に使われている金属素材やスクリューは、動作中には熱くなり、触れるとヤケドする心配があるが、隠されて設置されているので、子どもがイタズラしてケガをしないように配慮されている。

・生分解性があるフィラメントは土に還る

また、「MiniToy」で使うフィラメントは有毒性がなく、生分解性があり、環境に優しいPLA樹脂(ポリ乳酸)素材でできている。不要になった後も、土に還るので環境への負担も少ない。

本体の大きさは170x130x140ミリメートルと、ある程度の大きさのオブジェクトを出力するに十分なスペース。0.4ミリメートルのノズルを搭載、毎秒30~300ミリメートルの出力スピードを誇る。SDカードにも対応している。

・専用コミュニティも

専用のコミュニティも用意されているので、出力したいオブジェクトを探したり、シェアしたりもできて楽しい。

2016年香港で開催された“Global Sources Electronics Fair”“Most Promising Electronics Gadgets”を受賞し、注目を集める「MiniToy 3D Printer」。6月25日まで出資を受け付けている。超早期予約プランは199ドル(約2万1700円)~だが、すでに売り切れ続出のようだ。

MiniToy 3D Printer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP