ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本最古の輸入レコード店は銀座にあった?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本最古の輸入レコード店は銀座にあった?

 毎年4月第3土曜日に開催される、個人経営によるレコード屋の祭典”レコード・ストア・デイ”。今年は世界同時に開催され話題となりました。

  アメリカ・メイン州に支店を置くブル・ムースの従業員だったクリス・ブラウンを発起人とし、世界21ヶ国のショップが参加するこのイベント。2013年からは日本でも開催されており、ストアデイ当日には、参加店で限定盤のアナログレコードが販売されたりと盛り上がりをみせています。

 レコード・ストア・デイの基本コンセプトのひとつは、街の小さなレコード屋を支援すること。全盛期に比べその数は減ったものの、現在も日本の街中では、それぞれに特色を持ったレコード屋の数々を目にすることができます。

 こうした街の小さなレコード屋—-その歴史は古く明治時代にまで遡ります。

 日本最古の輸入レコード店は、貴金属や時計を販売する商店として創業した、銀座尾張町2丁目の”天皇堂”。1903年10月27日に第1回輸入、翌月8日に発売を開始。そして1907年4月の自社広告にて、当時の米語であるフォノレコードから発案された”レコード”という文字を使ったのだといいます。

 若杉実さんによる本書『東京レコ屋ヒストリー』では、この1903年にはじまり、オンライン事業にも進出した現在にいたるまでの、東京の街におけるレコード屋に注目。数々のレコード屋への取材を中心に、その変遷の歴史を丁寧に辿っていきます。

 取材を進めていくなかで若杉さんは、近年海外からの客人が日本のレコード屋に殺到しているという話を頻繁に耳にしたそう。アジア圏のみならず、アメリカやイギリス、ヨーロッパなどからも訪れる彼らの目当ては日本の音楽。

 たとえば、以前は昭和のアイドルといえば、韓国や中国、香港など、アジア進出が限界でしたが、ユーチューブの存在がその領域を地球全体にまで引き延ばすことに。松田聖子や中森明菜といったアイドルたちの当時のレコードには、第二の春が訪れているのだそうです。

 さらに日本にあるレコードは保存状態も良く、リーズナブルな価格で売られているとあって、日本盤であると知れば喜んで購入していくのだそうです。

 東京中のかつてあったレコード屋、そして現在も存在しているレコード屋の数々を網羅しているといっても過言ではない、本書の圧倒的なデータ量は「レコード屋に行きレコードを買うこと、それはわたしにとって呼吸をすることといっしょ」(本書より)というほど、長年に渡ってレコード屋に通い詰めた若杉さんだからこそ成し得た偉業。
貴重な証言も満載の本書、ときとしてレコードを巡る人びとの生き様をも垣間見ることができます。

■関連記事
美術館の知られざる舞台裏 世界の美術品貸与ビジネスの実態とは 
本日、お別れの会開催 水木しげるさん、戦時中の南方戦線での有名エピソードの”真実”とは
宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko 1998年デビュー組を繋ぐ文脈とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。