体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

makiyoko1

 

 

 

みんながなりたかった大人になれるわけじゃない──。是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』で描かれるのは、かつて夢見た未来とは少しずつ違う今を生きる大人たちだ。その味わいは、どこか苦くて切ない。それでいて観終わった後、目に映る世界が(まるで台風の翌朝の芝生のように)少し輝いて見える。そんな不思議なドラマでもある。

阿部寛が演じる主人公の良多は、女房に愛想を尽かされたダメ中年。15年前に一度だけ文学賞を獲ったものの、その後は鳴かず飛ばずで、周囲に「小説のための取材」と言い訳しながら興信所に勤めている。そんな男だ。今回、真木よう子が演じたのは、その別れた妻・響子。描かれる日常はどちらかというと平穏で、特に大きな事件が起きたりしない。でも映画全体を通じて、シングルマザーの抱えるいろんな事情や感情が、スクリーンから豊かに伝わってくる。2013年の『そして父になる』以来、2度目の是枝組参加となる彼女に、作品への思いを聞いた。

 

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが?

真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで…。是枝監督の脚本に素直に演じていたら、自然にそうなったんだと思います。ただ、この物語の中で響子という女性が、わりと複雑な立場にいたのは大きかったかもしれませんね」

makiyoko2

──どういうことでしょう?

真木「人はみんなそうだと思うんですけど、響子という1人の女性のなかには、いろんな距離感が混じってるんですよね。たとえば、元ダンナである良多(阿部寛)との距離感。良多のお母さんで、響子にとっては元・義理の母にあたる淑子(樹木希林)との距離感。息子の真悟(吉澤太陽)との距離感。あとは、良多の悪口ばかりチクチク言ってくる今のカレシ(小澤征悦)との距離感(笑)。話し相手が誰かによって、表情とか口調が微妙に変わってくると思うんです。たしかに今回の脚本には、日常のテンションを大きく超える感情は描かれていないけれど……でも、そのなかで響子の持ってるいろんな面をきちんと出そうは、つねに考えていました。団地という舞台設定も、そういった距離感の面白さをより際立たせてくれたんじゃないかと思います」

──物語後半。台風で帰宅できなくなった響子と真悟が、良多の実家で一晩すごすシーンですね。淡々としているのに引き込まれる、本作のクライマックスでした。

真木「そう。今回の映画は、是枝監督が実際に育った団地でロケ撮影されてるんですが、間取りが3DKでギュッと狭いんです(笑)。そこに4人が集まってるので、いろんな顔をしなきゃいけない。真悟に対してはもちろんお母さん顔で接するし。元ダンナの良多には愛想が尽きてるけれど、でも憎んでるわけじゃないという微妙な感じ。良多のお母さんに対しては、親しみと後ろめたさが入り混じった複雑な感情があるだろうし…。そうやって狭い団地でいろんな感情が交差する感じが、なんかこう、リアルだなぁって(笑)」

──そういう細かい表情の使い分け、是枝監督は具体的に言葉で指示されるんですか?

真木「いえ、役者に対して具体的に何かを求めたり、『こういう風に演じてください』とか注文されることはないですね。むしろ『真木さんはここ、どう思う?』とか。『これはどう演じるのがいいかな?』と相談して、一緒に作ってく監督だと思います。俳優としては嬉しいし、やっぱりやる気も出ますよね。現場の流れや雰囲気で台詞やカットを追加したり変更したりすることもあります」

──昨日までは脚本になかった台詞を、いきなり渡されたり?

真木「今回の作品ではあまりなかったのですが、『そして父になる』の時はありましたね。でも、演者もスタッフもみんなそれを楽しんでるというか……一緒に作っている感じなので、ピリついた空気は全然なくて。基本的には、ずっと穏やか。私はすごく落ち着きます」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。