ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

 

みんながなりたかった大人になれるわけじゃない──。是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』で描かれるのは、かつて夢見た未来とは少しずつ違う今を生きる大人たちだ。その味わいは、どこか苦くて切ない。それでいて観終わった後、目に映る世界が(まるで台風の翌朝の芝生のように)少し輝いて見える。そんな不思議なドラマでもある。

阿部寛が演じる主人公の良多は、女房に愛想を尽かされたダメ中年。15年前に一度だけ文学賞を獲ったものの、その後は鳴かず飛ばずで、周囲に「小説のための取材」と言い訳しながら興信所に勤めている。そんな男だ。今回、真木よう子が演じたのは、その別れた妻・響子。描かれる日常はどちらかというと平穏で、特に大きな事件が起きたりしない。でも映画全体を通じて、シングルマザーの抱えるいろんな事情や感情が、スクリーンから豊かに伝わってくる。2013年の『そして父になる』以来、2度目の是枝組参加となる彼女に、作品への思いを聞いた。

 

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが?

真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで…。是枝監督の脚本に素直に演じていたら、自然にそうなったんだと思います。ただ、この物語の中で響子という女性が、わりと複雑な立場にいたのは大きかったかもしれませんね」

──どういうことでしょう?

真木「人はみんなそうだと思うんですけど、響子という1人の女性のなかには、いろんな距離感が混じってるんですよね。たとえば、元ダンナである良多(阿部寛)との距離感。良多のお母さんで、響子にとっては元・義理の母にあたる淑子(樹木希林)との距離感。息子の真悟(吉澤太陽)との距離感。あとは、良多の悪口ばかりチクチク言ってくる今のカレシ(小澤征悦)との距離感(笑)。話し相手が誰かによって、表情とか口調が微妙に変わってくると思うんです。たしかに今回の脚本には、日常のテンションを大きく超える感情は描かれていないけれど……でも、そのなかで響子の持ってるいろんな面をきちんと出そうは、つねに考えていました。団地という舞台設定も、そういった距離感の面白さをより際立たせてくれたんじゃないかと思います」

──物語後半。台風で帰宅できなくなった響子と真悟が、良多の実家で一晩すごすシーンですね。淡々としているのに引き込まれる、本作のクライマックスでした。

真木「そう。今回の映画は、是枝監督が実際に育った団地でロケ撮影されてるんですが、間取りが3DKでギュッと狭いんです(笑)。そこに4人が集まってるので、いろんな顔をしなきゃいけない。真悟に対してはもちろんお母さん顔で接するし。元ダンナの良多には愛想が尽きてるけれど、でも憎んでるわけじゃないという微妙な感じ。良多のお母さんに対しては、親しみと後ろめたさが入り混じった複雑な感情があるだろうし…。そうやって狭い団地でいろんな感情が交差する感じが、なんかこう、リアルだなぁって(笑)」

──そういう細かい表情の使い分け、是枝監督は具体的に言葉で指示されるんですか?

真木「いえ、役者に対して具体的に何かを求めたり、『こういう風に演じてください』とか注文されることはないですね。むしろ『真木さんはここ、どう思う?』とか。『これはどう演じるのがいいかな?』と相談して、一緒に作ってく監督だと思います。俳優としては嬉しいし、やっぱりやる気も出ますよね。現場の流れや雰囲気で台詞やカットを追加したり変更したりすることもあります」

──昨日までは脚本になかった台詞を、いきなり渡されたり?

真木「今回の作品ではあまりなかったのですが、『そして父になる』の時はありましたね。でも、演者もスタッフもみんなそれを楽しんでるというか……一緒に作っている感じなので、ピリついた空気は全然なくて。基本的には、ずっと穏やか。私はすごく落ち着きます」

──インタビューで真木さんが「是枝組の現場にはいつも安心感がある」と発言されてたのは、そういう空気感も大きい?

真木「大きいです。あ、あと現場にいつも子供がいるのも大きいかな(笑)」

 

──子役の自然な演技も、是枝作品の大きな特徴ですね。監督はよく「子役の演出では、カメラを回していない時間こそが大切」と仰っていますが……真木さんは今回、息子役の吉澤太陽くんとは現場でどんな時間をすごしてました?

真木「そうだなぁ……一緒にゲームしたり、ちょっかい出してみたり。普通のお母さんが普通にやってるようなこと。太陽くんは真面目でシャイな子なので、穏やかな時間でした。『そして父になる』のときはワンパクな子供が3人いる役だったので。それこそ毎日、撮影現場に子守をしに通ってる感じでしたけど(笑)」

──阿部寛さん演じる良多は、50歳になっても小説家の夢を諦めきれず、言い訳ばかりしている中年です。ちょっと笑っちゃうくらいのダメ男だけど、男性の観客がどうしても自分のある部分を重ね合わせて感情移入してしまう。真木さんはこういうダメ男ってどう思われますか? 

真木「もちろん、仕方ないなって気持ちはありますよ。でも、映画ではダメな部分が強調されてるけど、ああやって自分の思いどおりに物事が運ばない切なさは、男女に関わらず誰でも持ってるんじゃないかな。少なくとも私は共感してしまったし。何より阿部さんのお芝居が魅力的すぎて(笑)。どうしたって憎めませんよね。良多は良多で、不器用なりに父親であろうと頑張ってるわけですし。ありふれた言い方かもしれませんが、やっぱり愛すべきキャラクターなんだと思ってます」

──台風の夜、良多の母親と響子がふっと2人きりになるシーンが、とても深く心に残りました。女優・樹木希林さんの印象はいかがでした? 

真木「共演させていただいたのは今回が初ですが、何だろう、すごく折り目正しい演技をなさる方だなと感じました。当たり前ですが脚本をしっかり読み込み、是枝監督の求める母親像を表現していらっしゃった。でもそこには樹木さんにしか出せない何かが、確実に存在してるんですね。あれだけの経験と年輪を重ねた俳優さんしか伝えられない、味わいみたいなもの。すごく羨ましいと思いながら見ていました」

──それも含めて、最後に。真木さんは今、『海よりもまだ深く』という映画のどういうところがチャーミングだと感じていますか?

真木「いろいろありますぎて困りますけど……やっぱり、無駄なシーンが1つもないことかな。物語に出てくる人と人の距離感が、それぞれしっかり描かれていて。しかもそれが1つの映像作品として、完璧なバランスで成り立っている。そこが本当に素晴らしいなと思うし、大好きなところです」

 

 

 

撮影 永瀬沙世/photo  Sayo Nagase

ヘアメイク AYA/hair&make up AYA(LA DONNA)

スタイリング 三田真一/styling Shinichi Mita(KiKi.inc.)

取材・文 大谷隆之/interview & text  Takayuki Otani

企画・編集 桑原亮子/direciton & edit Ryoko Kuwahara

 

 

『海よりもまだ深く』

台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”。夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。 笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 ( 『海街diary』 『そして父になる』 )

出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 橋爪功 樹木希林

5月21日(土) 丸の内ピカデリー、 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

公式サイト:http://gaga.ne.jp/umiyorimo

配給:ギャガ

(C)2016フジテレビジョン  バンダイビジュアル  AOI Pro.  ギャガ

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP