ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紳士なクマの大冒険! 映画『パディントン』スペシャルBOXの特典グッズがオシャレ可愛い

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界40か国語以上で翻訳され、全世界3,500万部の売上を誇るベストセラーを映画化した『パディントン』。“世界一有名なクマ”の冒険を満喫出来るBlu-ray&DVDが8月3日に発売決定。オシャレで可愛いポーチなど豪華特典内容が明らかになりました。

【関連記事】ただ可愛いだけのクマじゃない! ハラハラ&ホロリ満載の『パディントン』[映画レビュー]
http://getnews.jp/archives/1360477

『パディントン』ストーリー
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは……彼が“クマ”だから! やっと出会った親切なブラウン夫人に“パディントン”と名付けられ、都会暮らしを始めてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続! それでも、純粋で礼儀正しいパディントンは、はじめは煙たがっていた心配性のブラウンさんや子どもたちとも仲良くなり、やがて街の人気者になっていく。しかし「いつまでもブラウン一家のお世話になっていられない」と、一人で家を探すことに。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう! はたしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか? そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた……!

本国イギリスでは『アナと雪の女王』の驚異的オープニング記録を抜いて、ヨーロッパ、アメリカへとヒットの波が拡大。批評サイトRotten Tomatoesでは98%フレッシュを出すなど絶大な評価を獲得。日本でも絶賛と高い満足度で、全世界320億円超えの話題作となりました。

『007/スペクター』のベン・ウィショーが主人公・パディントン役を務めるほか、名女優のニコール・キッドマンをはじめ、TVドラマ「ダウントン・アビー」で人気のヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンスなど実力派&超豪華スターキャストが総出演。日本版の吹替えも松坂桃李さんをはじめ、木村佳乃さん、古田新太さん、斉藤由貴さん、三戸なつめさんといった豪華声優陣が集結しています。


【三戸なつめ(ジュディ役)コメント】
パディントンは勇気があってとても思いやりのあるくまです! 小さいころに絵本で読んでいて可愛いパディントンにいつか出会いたいなって思っていました! 私はジュディという女の子の役を演じさせていただいたんですが、なんと「クマ語」に挑戦しています! みなさんもDVDを見て是非「クマ語」を練習してくださいね!

パディントンの可愛い世界観や、家族の絆にも注目して観ていただきたいですし、最初反抗期でキモい! って言葉が口癖だったので、パディントンにキモいって言うのはすごく気が引けました。笑

でもパディントンと暮らす中でだんだん心を開いていって成長するジュディがとても頼もしくてとても愛しく感じました。

最初は皆さんもジュディの事をなんだこの子は!? って思うかもしれませんが、変わっていくジュディの心境も注目して観ていただけたら嬉しいです!


『パディントン』2016年8月3日(水)リリース

初回限定スペシャルBOX【マスコット&ポーチ付】<ブルーレイ> 価格:¥6,700 (本体)+税
初回限定スペシャルBOX【マスコット&ポーチ付】<DVD> 価格:¥5,800 (本体)+税

●映像特典
◆特報・予告編・TVスポット集
◆オリジナルキャスト、プロデューサーデヴィッド・ハイマン、監督ポール・キングインタビュー
◆日本語吹替キャストのアフレコ風景&インタビュー(松坂桃李、木村佳乃、古田新太)
◆舞台挨拶映像集
①日本語吹替版 完成披露試写会(松坂桃李&三戸なつめ)
②映画公開記念舞台挨拶(松坂桃李&斉藤由貴&三戸なつめ)

●スペシャルBOX封入特典
◆オリジナルポーチ
◆オリジナルマスコット
◆ブックレット

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S
Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited www.paddington.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP